AMAZONの展開するソムリエサービスがすごい ワイン選びの強い味方

最近知ったのですが、Amazonソムリエって、ご存知でしょうか?

どうやらAmazonが最近始めたサービスのようですが、おそらくまだ浸透してはいないのかなと思います。(海外に住んでいるから鈍いだけ?)

なんでこんな事に目を光らせているかといいますと、今までブログにはあまり書いてこなかったのですが、実は私、お酒が大好きなんです。(好きなのと強いのとは違いますよ。)

日本酒、焼酎(芋も麦も)はもちろんのこと、ワイン、ウィスキー等各種蒸留酒なんでもイケます。(繰り返しますが、好きなのと強いのとは違いますよ。)

ワインに関していうと、私は無類のワイン好きでして、家にもコンプレッサー付きのワインセラーがありますが、「200ドルくらいだからワインセラー買って良いよね?」と妻に許可をもらった後に、その3倍以上もする価格のものを買ってきて、未だに根に持たれている、という程のワイン好きでもあります。(それはワインじゃないって?笑)

色々とこだわりたいというか、何事でもその嗜好の奥深さを知りたい性格でして、特にお酒に関してはいろいろと調べて、詳しくなろうとする悪癖(良いこと?)を持っているため、知識だけは一丁前に持っていたりもします。ビールは俺はこれしか飲まない、みたいな事はまるでなくて、なるべく飲んだ事がないものを飲んでみたい訳です。

でもワインの場合、やたらに頼んで飲みまくる訳にはいかないですよね?仕事ができる人はなぜワインにはまるのか (幻冬舎新書)なんて本もある位ですし、やはりワインは教養のある人の嗜みだと思います。ある程度の知識があってこそ楽しめるものなのです。で、どうやって勉強するか。てな訳で、前振りが長くなりそうなので、そろそろ本題のAmazonソムリエを紹介する事にします。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

Amazonソムリエとは?!

名前からイメージするのが難しいサービスですが、簡単に言ってしまえば、ワインを買うときに何がいいかをおススメしてくれるサービスですね。それも電話越しに。無料で。

多くの仕事がロボットに取って変わられていく昨今、ペッパーに仕事を取られてしまうんじゃないかと冷や冷やしている人も多いことと思いますが、逆にこのような自動化出来るところで、(実際にSiriはすごい進んでいますし、AIでやれば効率もいいし適格)わざとアナログに人を介在させる戦略はうまいなぁと思います。さすがはジェフベゾス。すごいなーなんて思いながら、本家アメリカのAmazonのページを見てみたら、そんなサービスは見つかりませんでした。もしかしたら、日本独自のものかもしれません。きっとベゾス氏はドローンに夢中なのでしょう。


詳しい説明が、Amazonソムリエの特設ページにその説明があるので、そのまんま引用しますね。

ベテランワインアドバイザーやソムリエが、直接お電話でワインの相談を承ります。(相談例は本ページ下部で参照いただけます。)
簡単操作で利用が可能、サービス料金ならびに電話料金は無料です。
料理に合わせるワインや、お世話になったあの方への贈り物について。または気軽に飲めるワインはどれ?…など、
ワインに関するお客様からのお問い合わせをお待ちしています。

※月-金12:00~17:00 祝祭日除く(日本語のみ対応)
※Amazon FB Japanが販売・発送する商品に限ります。

さて、Amazonお抱えのソムリエは、どんなクオリティーで返信してくれるのでしょうか?相談例を見ていきましょうか。

例1 食べるものが決まっているけど、どんなワインを選べばいいの?

Q. 今日は友達を招いて気軽な食事会。やきとりも出す予定だけど、どんなワインが合いますか?

A. やきとりの味も2種類ありますね。塩で食べる胸肉やねぎま、手羽なら、ほどよく飲みごたえのある辛口の白。たれがかかったつみれやレバーなら、なめらかなのどごしで旨味のある辛口赤ワインはいかがでしょうか。

白ワイン、赤ワインでおすすめを2点ずつご紹介します。

白ワイン1:ボー・リヴァージュ ブラン(仏・ボルドー)
白ワイン2:コンチネンタル 甲州ハート(日本)

赤ワイン1:KWV クラッシクコレクション ピノタージュ(南ア)
赤ワイン2:十勝ワイン トカップ赤(日本)

おぉ、具体的なワインが4つ並んできました。淡白な塩味なら辛口の白、濃厚なたれには赤という訳ですね。まさに、模範解答です。

では、この4つのワインはどうでしょうか?

赤も白もそれぞれ日本のワインと輸入ワインを1本ずつ挙げていますね。確かにこれは選びやすいです。淡白な焼き鳥が多ければ白にすればいいし、濃厚な焼き鳥が多ければ赤にすればよい。あとは輸入か海外か。実にシンプルに選べます。多くのワインを目の前に困ってしまう人には、まさに助け舟でしょう。

ただし、赤ワインの生産が圧倒的に多いボルドーの、あえての白。そして赤ワインは南アフリカ。電話であったら、この辺の理由を聞きたいですねぇ。赤に南アフリカを押すのであれば、白はオーストラリアのパース周辺のワインを選べばいいと思いますし、そしたら南アフリカでなくともチリワインでも良い気がします。

いずれにしろ、この回答をもとにワインについて興味を持って、自分でいろいろ調べるようになれば、それは一番の回答ですね。これは期待が持てます。

例2 プレゼント用のワイン、一体何を選べばいいの?

Q. お世話になった先輩にお礼の品を贈りたい。ワインがお好きらしいけど、どんなものを贈ろうか悩んでます。

A. 先輩にとって大きなイベントのあった年のものなどはいかがでしょうか。婚約された、結婚された、子供さんが生まれた等。またはこれからのイベントに花を添える、シャンパーニュなどもおすすめです。

こちらのページ中段のビンテージでワインを探すから年代を選択、今すぐ検索ボタンをクリック検索結果からさらにビンテージを絞り込めます。
おすすめシャンパーニュ:テタンジェ ノクターン スリーヴァーロゼ(ロゼのやや辛口)

ワインを銘柄ではなく年代で選ぶというアイデア。いいですねぇ。素敵です。

それに、年代で選ぶための特設ページがある事も抜かりがないです。さすがジェフベゾス、じゃなくてアマゾンジャパンですね。

ところで奥様にの誕生年のワインを挙げたことがある人、どのくらいいますか?私はありません。そろそろ誕生年のワインがすっごく高くなってきてしまった程に歳を重ねてしまいましたが、いい男の条件として、一応年代でワインを選ぶという選択肢はレパートリーには入れておきましょうか。汗(実行するかは別ですよ!!)

例3 パーティーにお呼ばれしちゃったから、何か気が利くワインを買っていきたいのだけど、何がいいの?

Q. 友人宅にホームパーティーに招かれました。みんなで楽しめる、コストパフォーマンスの高いワインはありますか?

A. お手頃でおいしく飲める銘柄をご紹介できます。1本から何本でも。
大人数でしたら2リットル、3リットル入りのバックインBOXもおすすめです。

いくつかおすすめのワインをご紹介します。

白ワイン1:バデ クレマン レ ジャメル シャルドネ(南仏)
白ワイン2:セークレッドヒル セミヨン シャルドネ (豪)

赤ワイン1:エル・コト クリアンサ (スペイン)
赤ワイン2:サンタ・ヘレナ・グランヴィーノ カルメネール(チリ)

バッグインボックス 白:オクテッラ シャルドネ 2000ml(仏)
バッグインボックス 赤:スプリンターヒル シラーズ・カベルネ 2000ml(豪)

これが一番、現実的にありそうなパターンですか?

ド定番のフランス、ボルドーやブルゴーニュをパーティーに持って行っても、あまりパッとしないというか、値段の割りに、、、って感じた事がある人は多いと思います。ですので、コストパフォーマンスが良い恥ずかしくないもの、となるとやはり頭を抱えることになる訳です。

マグナムボトルではなくてバッグインボックスを薦めるあたりも、好感度が持てます。

私の場合、この中だったらバデ クレマン レ ジャメルのシャルドネでしょうか?ラベルも可愛くて、パーティーにはちょうど良い気がします。

まとめ

さて、こんな感じのQandAが特設ページにはいくつか並んでいるので、興味がわいた方は是非見てみて下さい。

電話の掛け方(無料!!)なども載っています。

私は、個人的にこのサービスは有り、というか成功してほしいと思っています。(だからこそ、時間を惜しんで記事を書いている訳ですが。。。)

冒頭でも少しだけ触れましたが、私はなんでもかんでも自動化、効率化が喜ばれる社会に対して懐疑的な思いを抱いておりまして、明らかに商売の匂いがする効率化には冷たさというか虚しさを感じる事があり、最近はそれが増えてきている事に危機感を感じております。

そこで、このような温かいサービス(もちろんAmazonを通して商品を売るためではあるのだけども)があると、なんか嬉しいというか、温かい気持ちになるし、Amazonで買い物をする気になります。このようなサービスをAmazonがもっと出してきてくれることを祈ると同時に、このAmazonソムリエが繁盛してくれたら嬉しいです。(そしてこのブログを見てくれた人が利用してくれたらもっと嬉しいです。)

さて、如何でしたでしょうか?

今日は珍しく、サービスの紹介をしました。このブログを通して、どのような自己表現が出来るのかという事を最近は良く考えますが、こうやって気になったサービスを、自分がどう思うかを織り交ぜながら紹介する事も一つの自己表現かなと思い、今回は紹介しました。楽しんで頂けましたら幸いです。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です