シンガポールでの英語の学び方はSkype英会話に多読そして映画を英語字幕で見ること

私はシンガポールに住んでいます。日本に住んでいた時から海外旅行が好きで、英語でコミュニケーションを取ることが大好きでした。しかしお世辞にも英語が上手とは言えず、旅行用の英語が分かるくらいのレベルでした。今やシンガポールではほぼ英語のみで仕事をしていますが、ある程度上達の近道が見えてきた気がします。

海外に住んでみたのはいいけれど、一向に英語が上達しない。という方、多いのではないでしょうか?もしくは、海外に住んだらすぐ英語が上達すると思っている方も多いのではないでしょうか?今回はシンガポールという、ネイティブではないけれど英語が共通語という特殊な国での英語の学び方について、自分が分かってきたことについて紹介します。

study

シンガポールで使われている言葉

シンガポールの国の言葉は実はマレー語なんです。国家もマレー語の歌詞です。しかし、実際に生活で使われている言葉は英語になります。レストランの接客も基本的には英語ですし、メニューも英語です。ただし英語といっても一般に使われているのはシングリッシュ(シンガポーリアン・イングリッシュ)と呼ばれる中国訛りの強い発音で、さらに文法もあまり気にしない英語になります。国民の比率は中国人やマレー人、インド人が大多数を占めます。したがって英語でコミュニケーションをとる人がほとんどですが、実は他に母国語を持った非ネイティブスピーカーが大多数なのです。

people

シンガポールでの英語の学び方

実際にシンガポールで生活してみて、単純に何もしなかったらこの国では英語が上達しないということに気づきました。日中はほとんど英語で仕事をしていますし、もちろんメールもすべて英語です。しかしただ非ネイティブスピーカーと話したり、メールのやり取りをするだけでは、ネイティブスピーカーと実際に仕事をするときに、ものすごく差を感じますし、意思疎通がままならないこともあります。日常でも映画を見ると、字幕なしでは聞き取れない箇所が多いためストーリーが追えなかったり、使用する語彙や文法の幅もぜんぜん違います。そこで自分で勉強する必要があるという事になるのですが、ここに私が経験したものを紹介します。

Skype英会話

Skype英会話ってご存知でしょうか?オンラインの家庭教師みたいなものなのですが、フィリピン人の講師がテキストにのっとって教えてくれます。中にはフィリピン訛りのある人もいますが、フィリピン訛り自体、そんなにくずれた発音ではないですし、文法は正確です。そしてなんといってもメリットは、コスト。人件費の関係でネイティブスピーカーに習うよりお得なのです。
でも、それなら日本でもできるじゃないかと思うでしょう。シンガポールでオンラインで習うメリットとして、学習した表現をすぐ実践で使えるという事があげられます。日本で習っていても、使うチャンスがないと中々定着しないんですよね。したがって、英語を使う機会が多いシンガポールでは、日本でやるよりも役に立つと思います。実際に自分も25分を月8回やっていて、これによって語彙に幅が生まれたことは間違いないです。
例えば私がやっているのはレアジョブ英会話というサービスなのですが、ここはおススメです。月8回レッスンを受けられる月額4200円のプランに入っていますが、これはかなりコスパがいいと思います。私は働いていて帰りが遅いので平日は受講不可能なのですが、平日も受講可能な方であれば毎日一回というコースもあります。それがなんと月額5800円。なんと1レッスンが25分で187円という驚愕の価格です。なんか講師がかわいそうになってしまいますが、こんなお得なスカイプ英会話はお勧めです。2回までは体験レッスンとして無料で試せるので、是非試してみては如何でしょうか?


児童書の多読

次に有効だと思うのが多読です。英語学習でいういわゆる多読というのは、辞書を使わずに、よくわかんなくてもすっ飛ばして読む事です。自分も日本語の本の合間に、ちょくちょく英語の本を読むようにしています。難しい本を読むほどのレベルでもないので、児童用の本を好んで読みます。これは日本でやっても同じかもしれませんが、日本では誘惑に流されやすい環境という意味では、シンガポールの方が(日本語で書かれた雑誌等を買ってなければ)誘惑が少ないので、長続きはしやすいかも知れません。参考までに私が読んだものを挙げておきます。洋書もKindleで買えば安いので、携帯電話の無料アプリで読むのがおススメです。

洋書と和書を併読

多読で英語に触れる数を増やしたら、日本語との併読で、自分の解釈に自信を持つということも大切です。スピードが上がらずに飽きてしまい、放り出してしまうようであれば併読はおススメできませんが、使い方さえ間違わなければ有効な手段だと思います。

最近アルケミストを読んで、名言をまとめましたので、以下にリンクを載せておきます。

アルケミストの名言から人生を学ぶ 洋書と和訳の併読で英語学習
心に響いた本、何故だか読み終わったあと気になってしょうがない本、そんな本があると思います。私にとってのそんな本の一つは、パウロ=コエーリョ著...

ネイティブスピーカーのチューター(家庭教師)

ネイティブスピーカーによるチューター(家庭教師)という選択肢もあります。私はイギリス人の教員資格を持つ女性にしばらくの間お願いしていたのですが、やめてしまいました。その理由として家庭教師はコストが高いです。1回50ドルでツキ回お願いしていたので、400ドルほど払っていました。これはSkype英会話でいう8か月分に当たります。もちろん英語の学習としては満足だったのですが、結果として私はSkype英会話に移行しました。

その他、試そうと思っている事

まだ実践はしていないのですが、他の方法もあるので紹介します。

映画を英語の字幕付きで英語の音声で見る

シンガポールで英語学習のために英語を映画館で見ることはあまりお勧めしません。というのも、字幕が中国語だからです。私のレベルでは、アクションやサスペンスなどストーリーにドラマティックな流れがあるものは理解できるのですが、トークで笑わせるようなコメディであったり、会話の裏を読むようなヒューマンドラマは全くストーリーが分かりません。ですので、英語学習には不向きだと思うのです。

方や一方、英語の字幕付きで英語の発音の映画を見るのは、聞き取り力アップに効果的だとよく聞きます。私もこれはそう思います。というのも、非ネイティブスピーカーとの英語コミュニケーションから、ネイティブスピーカーとの英語コミュニケーションへの障壁として一番大きいのは聞き取りだからです。字幕で単語が読み取れれば、多少文法が分からなくても意味が読み取れて、さらにその文法を自分のものに出来ると思うのです。
そしてこの学習法のためには映画館ではなく、英語のDVDが効果的だと思うのです。これは今まさに自分が試そうとしている方法です。

英会話教室

最後にあげるのが英会話教室です。シンガポールにはブリカン(British Council)と呼ばれる有名な英会話教室があります。このような所に通うメリットとして、ネイティブスピーカーの友人を作れるという事が挙げられます。実際ネイティブスピーカーの友人を作ることは大変に難しいです。英会話教室に通って英語を習得すること自体が目的ではなく、このようなコミュニティを通じて友達を増やす事は、英語学習に取って大きなメリットとなると思います。

さて如何でしたでしょうか?今回はシンガポールでの英語の学習の方法を紹介しましたが、意識することは日本でも同じだと思います。みなさんも時代に取り残されないように、楽しみながら効果的に英語を勉強してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください