本を読むこと、ブログを書くこと

日野瑛太郎さんの記事で、ブログにアップするネタがなくなったら、本を読むなどしてインプットすることが大切だという記事を見ました。彼がそれを測るために指標にしたのは、読んだ本の数に対する、アップする記事の数。今回はこれについてちょっと考察したいと思います。

book4

インプットをするだけだと、ただ情報や知識を得るだけで自分で消化することをしないため、身にはなりません。また知識を吸収することなしにアウトプットだけでもしていても、発言がチープになるし、ブログを書くことで言ったらそれはネタがないということになります。 つまり程よくインプットし、程よくアウトプットする事が大事ということになります。では、どの程度が程よいのでしょうか?

ブログをはじめる前の割合

私の場合、2014年1月1日からブログをはじめる2015年9月20日まで、約200冊の本を読んでいます。そしてこの間に行ったアウトプットは、下記のとおりです。

FBの投稿、62件

たいしたこと投稿してませんが、旅行に行った時、感じた事などをメインに投稿してました。平均で、一件約200文字です。

公募に体験談を投稿

なぜか急に思い立って、今夏、3000文字程度の旅行記をある公募に投稿しました。出版のきっかけになるかな、なんて下心丸出しで書きましたが、どうなることやら。発表は1月だそうなので賞金もらえたら報告します。
つまり、アウトプットの件数で割ると、本3.17冊あたりアウトプット1件になるわけです。文字数で割ると、一冊あたり77文字のアウトプットになります。

さて、ブログをはじめた後はどうなったか

ブログは脅威のアウトプット率

また、9月20日にブログを初めてから今日で22日、アウトプットはブログだけですから、30件です。その間に読んだ本は約6冊。ここまでの平均を約1500文字だとして、ブログの件数で割ると、本0.2冊あたりアウトプット1件、文字数で割ると、7692文字になるわけです。

book1

まとめ

わたしの場合、少し両極端かもしれませんが、ブログをはじめたことでアウトプットの比率が劇的に増えています。少ないインプットに対して、あまりに多いアウトプットではいい記事は書けませんし、アウトプットが少ないのにインプットばかりしていては意見が偏ってしまったり、知識が身につかなかったりというデメリットがあります。

どの割合がベストかは分かりませんが、長期的には本を1冊読むことに対して、アウトプット1つ。つまり1対1くらいになるようにもっていけたらな と思います。立花隆さんは本を100冊読むことに対して本を1冊書くことがちょうどいいと述べているそうです。私の読書ペースで行くと、1年に1冊本を書 くという事でしょうか。執筆の機会があったら是非書いてみたいものです。
さて、如何でしたでしょうか?もし、インプットの割合とアウトプットの割合について何か持論がある方がいれば、教えていただきたいです。世の中には極端にインプットが多い人や、極端にアウトプットが多い人が多いですが、バランス方の人を参考にしたいところです。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です