マイナンバー制度、海外居住者の取り扱いは?

number

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

マイナンバーとは

マイナンバーとは、国民一人ひとりがもつ12桁の番号のことで、一度付与された後は、一生変わらないものです。
この制度のおもな目的は、今まで複数の機関が独立して個人の情報を管理していたものを、ひも付けすることにあります。これにより、社会保障や税制度など機関がまたがっても、同じ個人だと特定することが簡単になります。また、役所の手続きも簡単になるため、時間が短縮され、さらにミスも少なくなることが予想されます。(本来あってはならないのですが)
さて、表向きの綺麗な理由は上記のとおりなのですが、これにより、個人の資産状況などが簡単に分かるようになってしまいます。これについてはネットにいろいろな意見が散乱していますので、ここでは触れません。

マイナンバーが付与される対象者

日本国内に住民票がある人に対して、マイナンバーは付与されます。つまり住民票さえ日本にあれば、外国人に対してもマイナンバーが付与されるのです。逆に、日本非在住者の日本人は、通常住民票が日本国内にないので、付与されないことになります。

マイナンバーがなくて困らないの?

海外在住の場合でも、一時的に帰国することはありますし、マイナンバーが必要となる場面があるはずです。そんな時はどうすればいいのでしょうか?これについて現状、内閣官房HPにも詳しい記載はありません。具体的な使用例が明らかになり、マイナンバーがない場合の例がいくつか出てくれば状況は変わって来ると思いますが、当面は情報を収集しながら、ネットでの事例を探っていく感じでしょうか。
いずれにしろ、マイナンバーが付与されない海外在住者は、マイナンバーを持っている人よりも手続きが煩雑になる事は間違いないので、いざという時に困らないよう、継続的な情報収集が必要です。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です