レストランレビューブログやめました。

突然ですが、私、レストランレビューブログやめようと思います。

今までシンガポールのレストランやカフェを色々レビューして来て、リアルな友達、ネット上の人、色々な人達にコメントをもらい、とても嬉しかったのですが、ここ最近なんか違うと感じ始めました。

もともと理系一筋の自分が、レストランのレビューブログ書くことで文章の書き方を学んだし、たまに文章を書くのが上手だと言われて得意げになっていたのですが、実は去年の10月くらいから新しい勉強を始め、そのころから、ブログが何か時間の消耗に感じてしまっていたんです。その時にネットで出会い、ふと立ち止まった原因となったのは落合陽一氏のこの言葉。

SNSは発信することがある人はチャンスやフォロワーをもっと手に入れるし、発信内容を持ってない人は時間をすり減らして行くゲームだから、伝達事項がないならほどほどにしておくのが吉。

自分は発信したいことがある(そのためにインプットをかかしていない)し、性格的にも常に発信する側にいたい。SNS(もはやブログも含めていいと思う)を見るだけで時間を消耗する側には絶対に回りたくない。そんなことを考えているうちに、ブログを書くこと自体が時間の消耗ではなくて、書く内容に縛られ過ぎていたんだと気づいたんです。

レストランレビューは需要があるけど、自分が書くべきことじゃない。だからこれからは本当に発信したいことを、枠を作らず発信する。それも大量に。読みたい人だけ読めばいい。

という事で、レストランレビューだけに縛られるのはやめて、好きな事を好き勝手にアップしていく事にしました。見たかったら見て下さい。

最後にもう一つ、グッと来た落合陽一氏の言葉。

ポジションを取れ.批評家になるな.フェアに向き合え.手を動かせ.金を稼げ.画一的な基準を持つな.複雑なものや時間をかけないと成し得ないことに自分なりの価値を見出して愛でろ.あらゆることにトキメキながら,あらゆるものに絶望して期待せずに生きろ.明日と明後日で考える基準を変え続けろ.

なんかモヤモヤと思っていることをズバッと言い表したこの文章。大好きです。

ちなみにこの文章は、今月末に発売される以下の本から。今の段階ではAmazonで予約だけできます。Kindle版の発売が待ち遠しいですが、日本の人は是非予約を。シンガポールには送ってくれないから羨ましいのだけど。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です