ブログを始めた理由 まとまらない事を一つのスタイルとして表現する (下心編あり)

今日、中途半端にアップされていたプロフィールを更新しました。自分が好きな事や、自分の状況を客観的に書く中で、自分がなぜブログをやっているのかを深く考えました。プロフィール欄にはそこまで長く書かなかったけど、自分の中で、自分がブログをやる意義を再定義しました。そこで今回、一つの記事としてアップします。

Hugoのプロフィールはこちら

jump

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

好きな事のまとめ

今回プロフィールをアップするにあたって、自分の好きな事を考えました。これまで短くない人生の中でいろいろな事にチャレンジしてきましたが、今現在好きな事を列挙すると下記の通りです。

  • 旅行
  • サーフィン
  • ヨガ
  • 読書
  • 音楽
  • エイジングする道具の手入れ

ここに挙げただけでなく、ちょっとした趣味ならもっとたくさんあります。映画、アウトドア、料理すること、食べること、ワイン、日本酒、ウィスキー、ハーブティー、コーヒー、観葉植物、多肉植物、本当はこれらも入れたいです。でも、好きな事をあげたらきりがないです。そうです、私は自他ともに認める多趣味なんです。

多趣味は良いこと?悪いこと?

時に多趣味は、「軸がない」だったり「一つの事が長続きしない」だとか、悪い意味で取られることがあります。一方、「器用」だったり「なんでもチャレンジする」だったり、いい意味で取られることもあります。結局はバランスだと思うのですが、私の場合はバランスがいいのでしょうか?最適のバランスとしては、なんでもチャレンジして器用だけど、軸があって自分のスタイルを持っている。というのが理想だと思います。

ではブログで、何を表現するのか?

私の場合、ブログでは自分の好きな事、思っている事すべてをアウトプットします。そう、全てです。つまり自分自身をすべて出します。その一部を出すときはそれがカオスに見えたとしても、全体のどの部分か分からないにしても、すべて出します。

その結果、一見、関連性のない個々のエントリーから自分のスタイルが見えてくるのかな。そんな感覚でいます。

Light

私がブログを始めた理由

ブログを始めた理由、それはこれまで綴ってきた通り、自分を表現する場を持つということ、それに終始します。ではなぜ自分を表現する場が必要だったのか、日記でいいじゃないか、という事も言えるわけです。でも日記じゃなくてブログの意味があります。それは、自分自身を納得させるためではなく、自分のスタイル、雰囲気を知ってほしいという事です。つまり、自分を見てほしい、カマッテちゃん的な要素です。

もちろんリアルでも、日本、シンガポールに友達はいますし彼らはリアルの私を知っています。ですがその輪の中で素の自分自身すべてを表現する事は難しいです。だから、自分自身のすべてを表現する場所を、みんなが見ることのできるネット上に持ちたかったのです。

私がブログを始めた理由(下心編)

いつもそうなのですが、今の状況に満足はしておらず、何か始めたいと漠然と思っています。何かというのは、自分でモノづくりがしたいなと思っています。とは言っても、いきなり始める勇気も実力もないですし、ネット上で気の合う仲間を見つけながら、ゆるーくやっていけたらなという事も思っています。そのためのファーストステップとして、まずはブログを通してネットワークを学ぶ。仲間が出来たら一緒にWebサイトもしくはWebサービスをやってみる。そこから一つのソリューションとしてモノづくりに繋がらないかなって感じです。

という事で、ブログを始めた下心的な理由として、気の合う誰かがコンタクトしてくれて仲間が見つかればいいかな、なんて事も思っています。個々のエントリーやプロフィールを見てもらって、是非何か感じてもらえたら、コンタクトして来てください。

Hugoのプロフィールはこちら

どこに向かうかなんて道しるべはありませんが、どこかに向かおうとしてる、そんな感覚が好きです。本業だけじゃつまらないですからね。

road

さて、如何でしたでしょうか。今日はプロフィールのアップに始まり、自分自身を振り返る日でした。その結果、このような熱いエントリーが生まれたわけで、これは自分自身に対する、ブログを通して次のステップに行くぞという宣言になると思います。レストランのレビューや書評ばかり書いていないで、たまにはこんな熱いエントリーも書きます。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です