[書評]嫌われる勇気と幸せになる勇気

嫌われる勇気の続編として、幸せになる勇気が発売されました。

これはアドラー心理学という、アルフレッドアドラーが礎を築いた心と行動の学問を、青年と哲人の対話という形式で紹介する本です。

嫌われる勇気にはとても感銘を受けたので、続編が発売されたと知ってさっそくKindleで購入して読んだところ、「あれ?前作の嫌われる勇気ってどんな話だっけ?」となり、結局は再び、

幸せになる勇気 → 嫌われる勇気 → 幸せになる勇気

と読み直すことになりました。

1作目の嫌われる勇気では、(その過激なタイトルからは想像も出来ないような)幸せになるための考え方、物事の捉え方のような事が書かれてあり、そもそも嫌われる勇気に絞って書いてある訳ではありません。むしろ、その考え方の代表的な、特徴的な”部分”が嫌われる勇気を持てというだけで、これはそもそも幸せになるための考え方なのです。

2作目には何が書かれているかというと、これはむしろ実践編。1作目は理論編で、その実際のケーススタディが2作目といったところでしょうか。ですので、1作目が嫌われる勇気で、2作目が幸せになる勇気というのには、違和感を感じます。

物語の構成として、1作目の嫌われる勇気では、青年が哲人と対話する中でアドラー心理学を学んでいくという構成でした。2作目は3年後の話になります。青年は学習したアドラー心理学を持って教師になります。アドラー心理学に即した形で子供たちを教える中で、うまく行かないことも多々あり、だんだんとアドラー心理学に対して不信感を覚えて行きます。青年はとうとう限界を感じて、アドラー心理学ではうまく行かないことを伝える(哲人を論破する)ために再び哲人の書斎を訪れます。それが2作目の内容です。

さて、それではそれぞれの本で印象的な部分をハイライトして見ていきましょう。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

理論編としての嫌われる勇気

今回は幸せになる勇気のレビューですが、1作目の嫌われる勇気から順番に紹介していきます。

すべての悩みは対人関係である

この言葉は衝撃的でした。

人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである。

とアドラーは断言します。この主張を説明するためにアドラーは劣等コンプレックスという概念を持ちだします。これは、劣等感とは違い、劣等感をいい訳に使い始めた状態の事を言います。つまり、そこに二人以上の人間がいたら劣等感を持つのは健全な思想だ。だけども、その劣等感を何かの目的が達成できないためのいい訳に使ってしまうと、それは劣等コンプレックスだという事です。具体的には、

  • 学歴が低いから、成功できない。
  • 器量が悪いから結婚できない。

などと考える状態の事です。このような状態を因果律を否定するアドラー心理学では、「本来はなんの因果関係もないところに、あたかも重大な因果関係があるかのように自ら説明し、納得させてしまう。」状態だと否定します。

このような思想に陥る原因は、成功できないのではなく、成功したくない(今の自分の状態を変えるのが怖い)と考えているのだといい切ります。

これは全て、人と比べた結果の劣等感を使ったいい訳、つまり劣等コンプレックスから来るという事です。

トラウマも存在しなければ、突発的な怒りも存在しない

「原因論」と「目的論」の二つのうち、アドラー心理学では「目的論」の立場を取ります。これは、因果律を否定することでもあり、その因果律からくるトラウマも否定します。

引きこもりの青年の話を例に取ると、彼は外に出れなくなるような「原因」があった訳ではなく、外に出たくない「目的」があるのだという事です。

「原因」として挙げられるのは、親から虐待を受けて社会に適合できない、などがあります。これは、自分がその外に出たくない「目的」を正当化するためのいい訳だというのです。その「目的」は例えば、外に出たら凡庸なその他大勢のうちの一人になってしまうが、家にいれば腫物のように扱ってもらえる、特別な自分でいられる。などが挙げられます。

つまり、トラウマとは過去の出来事を自分の都合の良いように意味づけをしているだけ。アドラー心理学では、このように厳しい考え方をしなければなりません。

また人は怒りさえ捏造していると言います。「目的論」の立場で考えれば、怒る目的があるというのです。それは、怒ることで相手を屈服させようとしたり、威圧させる事にあります。突発的な怒りなどなく、出し入れ可能な道具として捉えます。

今ここに強烈なスポットライトを当てよ

因果律を否定するアドラー心理学にとって、今の境遇を考えるために過去を持ちだすことは意味のないことです。また、未来の目的のために今を考えることすら否定します。では、その日暮らしのような生き方をすれば良いのか?それは違います。

アドラー心理学が推奨する生き方は、その日その日を全力で生き抜くという生き方。その一日が大きな点となり、その大きな点の軌跡が人生だという考え方です。私はこの考え方に非常に感銘を受けました。

これは、スタンフォード大学での卒業式でスティーブジョブズが行った式辞の中の3つ目のお話、死に関するお話を思い出させます。

もし今日が最後の日だとしたら、今日やろうとしていることを私は本当にやりたいだろうか?

これを鏡の前で30年間も時分に問い続けたスティーブジョブズは、まさにその日その日にスポットライトを当てた人生だったといえるでしょう。

人生における最大の嘘

人生における最大の嘘とは何の事でしょうか?この本では、「いま、ここを生きないこと」だと言っています。

人生における最大の嘘、それは「いま、ここを生きないこと」です。過去を見て、未来を見て、人生全体にうすらぼんやりとした光を当てて、なにか見えたつもりになることです。あなたはこれまで、「いま、ここ」から目を背け、ありもしない過去と未来ばかりに光を当ててこられた。自分の人生に、かけがえのない刹那に、大いなる嘘をついてこられた。

なんと厳しい言葉でしょうか。。。ですが、自分に心当たりがあるのか、どうしても胸に突き刺さってくる言葉です。

私が大好きな小説のアルケミストでも、世界最大のうそとして、このような事が語られています。そろそろ自分で自分を納得させるのはやめにして、やりたいことをやる時なのかもしれません。

「世界最大のうそって何ですか?」と、すっかり驚いて、少年は聞いた。「それはこうじゃ、人は人生のある時点で、自分に起こってくることをコントロールできなくなり、宿命によって人生を支配されてしまうということだ。それが世界最大のうそじゃよ」

アルケミストの名言から人生を学ぶ 洋書と和訳の併読で英語学習
心に響いた本、何故だか読み終わったあと気になってしょうがない本、そんな本があると思います。私にとってのそんな本の一つは、パウロ=コエーリョ著...

実践編としての幸せになる勇気

以上のように、嫌われる勇気ではアドラー心理学の斬新な思想を説明してきました。これはとても胸に響く考え方で、自分も今すぐ変われる気になります。ですが、なかなか現実は難しいです。その実践編としての幸せになる勇気を見ていきましょう。

悪いあの人、かわいそうなわたし

アドラー心理学を用いたカウンセリングでは、ある三角柱を用いるといいます。一面には、「悪いあの人」、そしてもう一面には、「かわいそうなわたし」と書かれています。そしてカウンセリングに来る人達のほとんどが、このどちらかの話に終始するそうです。なるほど、これは自分にも思い当たる節があって、愚痴をこぼすときにはこれを誇張して話してしまうことは多々あります。ですが一番大事なのは、残りのもう一面、「これからどうするか」が一番大事なのです。因果律にとらわれない(過去とのつながりを因果律で捉えない)アドラー心理学らしい考え方です。

これからどうするか?を考えるときにはついつい自分に嘘をついて、自分の主張(いい訳)を正当化するための事象を作ってしまうことがあります。それを、キリスト教のニーバーの祈りで、うまく論破します。

神よ、願わくばわたしに、変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと、変えることのできる物事を変える勇気と、その違いを常に見分ける知恵とをさずけたまえ。

変えられないものに執着するのではなく、変えられるものを直視するのです。

自己啓発本の名著、自分の小さな「箱」から脱出する方法では、この偏見に捉われた考え方をする状態を「箱」に入った状態と形容していましたが、まずは、「箱」から出る=「これからどうするか」が大事なのです。

賞罰の是非

嫌われるでも挙げられていたこの話題、実践編としての幸せになる勇気では、随分ページ数を割いて説明されています。(実はこの本の大半がこの話題です。わたしが実践編だと思った所以もここにあります。)この問題に対するアドラー心理学の立場は、褒めもしない、罰しもしないという事ですが、そんなことが可能なのでしょうか?

それは、他人を尊敬するということで可能になります。尊敬とは無条件に信頼すること。これにより、賞罰は明確に否定し、対等な人間として尊敬することを賞罰の代わりにします。

私にはまだ子供がいないのですが、いつの日か自分の子供が生まれたら、このように接する事ができるでしょうか。そのためにも、今から仕事で、普段の生活でも、人の上に立つような賞罰ではなく、対等な関係としての尊敬を心がけていく必要があります。

自分の人生を歩く

賞罰の是非とも繋がるのですが、アドラー心理学では承認欲求を否定します。それは、他人の承認を求めるあまり自分の意志とは関係なく、他人の欲求を満たすことを目的として行動してしまうようになるからです。これでは、自分の人生とは言えません。

モノづくりの名著、イノベーションのジレンマでは、顧客要求を満たすためのイノベーションに投資し続けるような行動を取っている企業は荒廃していくと明言しています。これは自分の人生も同じで、他人の要求を満たすだけの人生では、それが自分の人生でないばかりでなく結局荒廃していくのかもしれません。

では、自分の思うように振る舞えばいいのかというと、それは違います。他人に承認されるのを目的とするのではなく、自分を承認する。つまり自分が自分である事に価値を置くのが大事なのです。人と競争して、その違いを明確にして、他人の要求を満たすのではなく、自分が自分である事に価値を置く。それが凡庸でも決してかまうことなく、自分である事に満足しろという事です。特別な自分でありたいと思う私たちにとって、これはとても難しいことです。

これを、「普通であることの勇気」と言っています。いうなれば、自分を飾らずにそのまま受け入れるということは、普通である自分を受け入れるというのと同じなのかもしれません。

私から私達へ

人生最大の選択とはなんでしょう?受験ですか?就職ですか?

アドラーは結婚だといっています。これにより、自分の人生が大きく変わります。これまで、「わたし」という単位で考えてきたものの見方が、「わたしたち」という単位で見なければならなくなるからです。

「わたしの幸せ」でもなく、「あなたの幸せ」でもなく、不可分なる「わたしたちの幸せ」が愛であると言います。

「わたし」や「あなた」よりも上位のものとして、「わたしたち」を掲げる。人生のすべての選択について、その順序を貫く。「わたし」の幸せを優先させず、「あなた」の幸せだけに満足しない。「わたしたち」のふたりが幸せでなければ意味がない。「ふたりで成し遂げる課題」といは、そういう事です。

なんて素敵な言葉でしょう。私の身の回りにはトラブっている夫婦が少なくありませんが、全ての夫婦にこの言葉を送りたいです。

この本の面白さ

さてここまで、この本が主張するアドラー心理学について説明してきましたが、その思想の面白さもさることながら、それを小難しく説明するのではなく、青年と哲人の対話という形式で、ユーモアたっぷりに仕上げているところにこの本の面白さはあります。

主張している内容を細かく見ていくと、それは大変に難しいことなのですが、本自体はとても読みやすく、恐らく小学校の高学年の子でもすらすらと読めてしまうと思います。

そんな本を何度も読みなおして、自分のものにしていくというのが、本来の読書なのでしょう。このブログも、自分の理解を深めるための一環です。このブログを読んで誰かひとりでも、この本を手に取ってくれたら幸甚です。

さて、如何でしたでしょうか?勢いに任せてスラスラスラスラと、今までにない程の文章を一気に書いて来てしまいました。途中、読みづらい箇所があったらすみません。売れている本は商業的な偽物が多かったりしますが、この本は売れているけれど、すごく良い本だと思うので、未読の方は是非読んでみて下さい。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメント

  1. よりより より:

    私も 思うところあって 久々に嫌われる勇気を読み直しました(o^^o)
    たまたま 英語版無いのかなぁと思い検索していたら hugoさんのブログに行き当たりました
    最近よく仕事でシンガポールに行っていて 仕事上でも この考え方を広めて行きたいと丁度 仲間にトレーニング材料として使っていた所です

    あと他のレストランのブログなど 参考にさせてもらえて 有難いです(*^o^*)
    今後ともよろしくお願い致します

    • Hugo より:

      よりよりさん、コメントどうも有り難うございます。嫌われる勇気で知った考え方は私も仕事に活かしております。徹底している訳ではなく、たまに「はっ!!」と思いだして、軌道修正する程度ですが。笑
      このブログは、私が好き勝手に書いているだけで、あまりコンセプトもないブログですが見て頂けていると思うと嬉しいです。今度とも宜しくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください