AngMoKioのローカルなレストランHualong Fishhead Steamboat 華龍魚頭爐

シンガポールには駐妻を中心に多くのブロガーがおり、みなさん食べたものをアップしています。その人のブログを見れば経済状況も分かってしまうわけですが、平均してみなさま相当なお金を使っているのだと思われます。

ですが、なかなかそんな高級な所ばっかりも行ってられないし、もっとチープな所を知りたいというご要望にお応えして、今回はAngMoKioのホーカーセンターの一角にあるHualong Fish head Steamboatを紹介します。

(ちなみに誰からも要望を頂いていないので、自作自演ってことですね。)

Hualong_logo2

Hualong Fish head Steamboat

FB: https://www.facebook.com/hualongfishheadsteamboat
住所: Blk 347 Ang Mo Kio Avenue 3 #01-2142, Singapore 560347
電話: +65 6457 2275

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

場所について

今回紹介するHualong Fish head Steamboatは、AngMoKioにあります。MRTの駅から歩いて10分くらいでしょうか。MRT直結のショッピングモールAngMoKioHubの向かいのホーカーにあります。

AngMoKioはベッドタウンなので、シティエリアに住んでいる人はなかなか行く機会がないと思いますが、今回はローカルのスタッフを引き連れて行ってまいりました。

お料理について

ローカルの友人に適当に頼んでもらったので、何を頼んだのかよく分からないのですが、写真は撮ってきたので、適当にアップしていきまーす。

シグネチャーの麺です。さっぱりしていておいしい。これ、また頼みたいくらいなのですが、名前聞いてくるのをてっきり忘れました。てことで、名前はシグネチャーの麺ということにしておきましょう。

Hualong_menu1

野菜の炒めものです。想像通りの味ですが、悪くないです。

Hualong_menu2

お肉です。チンジャオロースみたいな感じでした。石の器がホーカーらしくなく、いい感じです。日本で食べる中華料理のような懐かしい味です。

Hualong_menu3

揚げ物。豆腐とエビです。エビがびっくりするくらい立派でした。

豆腐は中国の豆腐で、中に何かは言っているタイプ。見た目に比べてヘルシーです。

Hualong_menu4

そしてメインのスチームボート。店の名前はフィッシュヘッドってついてますが、魚の頭は入っていないようです。うーん。。。

淡白なスープでさっぱり美味しくいただきました。

Hualong_menu5

以上が頼んだものです。これだけで、5人でおなか一杯でした。

サービスについて

サービスはまぁ普通です。普通のホーカーセンターと違って、このお店専用のテーブルになっており、ウェイターさんもちゃんと数人います。ですので、ビールを追加したければ、立たなくてもオーダー出来るし、メニューを持ってきてほしければ、言えば持ってきてくれます。

サービス自体は、普通のホーカーと比べたら悪くないと思います。

お値段について

5人で行って、たらふく食って飲んで150ドル程度でした。一人30ドル。安いですねー。

シティエリアの日本食だったり、おしゃれなお店は大体100ドル以上いってしまうのが普通です。でもこれ、日本と比べたらあり得ない金額です。一人30ドルだったら日本とそこまで変わらないし、(とういか日本より安い?)コストパフォーマンスは良いかと思います。

さて、如何でしたでしょうか?ただ写真を列挙しただけの記事になってしまいましたが、今回は短くさっぱりと終わります。

いつも日本食だったり、シティエリアのレストランに行きますが、たまにはこういった雰囲気のお店も良いです。っていうか、こういう雰囲気大好きです。むしろ、こっちの方がいいです。

ということで、こういった雰囲気のちょっとローカルなお店もたまにはアップしますねー。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です