シンガポールでクラフトビールと言ったらここでしょー!な店ベスト5

とりあえず生!

どこのコピーライターが考えだしたのか知りませんが、日本には昔からこんな言葉があります。ザルな人にはそれでもいいかもしれませんが、数杯(もしくは数口)しか飲む事が出来ない下戸にとって、初めの一杯は大事な選択肢です。会社の宴会でも、最初からみんなが好きなものを頼めばいいのにと思ってしまうのですが、それは日本人社会。始めは生ビールと決まっています。銘柄はアサヒかキリンかサッポロで、どれがお店にタップされているかで決まってしまいます。

世の中を見渡してみると美味しいビールはそこら中にありまして、1年で何リットルかしか出ないような銘柄でさえも、天下のアサヒサッポロキリンよりもおいしい事があるのです。それも結構な確率で美味しいビールにあたります。これだからクラフトビールを巡る冒険というのはやめられません。今回はシンガポール生活でマストなクラフトビールを選りすぐりました。

どこも一度はレビューをしているところなので詳しくは書きません。サクッと紹介していくので、詳しくはリンク先をご覧ください。それでは行ってみましょう。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

brewerkz(ブリュワークス)

まずはここを抜きにしてはシンガポールのクラフトビールを語ることは出来ません。ブリュワークスです。休日の昼間にここで飲むビールは最高。バーガーやフライと一緒に頂くブリュワークスのビールは最高です。料理もかなり本格的にやっているので、全体的な満足度が高いです。美味しい上に、景色もいいうえに、さらにハッピーアワーに行けばものすごい安く飲めます。総合的に考えたら間違いなく1位だと思います。

私は都合上、シンガポールリバー沿いに行く事が多いのですが、オーチャードにも店舗があります。

brewerkz ブリュワークス シンガポールリバー沿いのクラークキーでお得なクラフトビールセッション

Archi Pelago(アーキペラゴ)

次もシンガポールを代表するクラフトビールです。アーキペラゴ。料理はBarメニューですがビールの味は本物です。ビールだけで言ったらブリュワークスよりもアーキペラゴに采配が上がるかもしれません。ここも外せないクラフトビールのお店です。

Archi Pelago チャイナタウンのお気軽だけど本格Bar

Nickeldime Drafthouse(ニッケルダイムドラフトハウス)

次はノビナのニッケルダイムドラフトハウスです。ここはブリュワリーではなくて、買っているビールをサーバーにタップしています。種類が多いのがうれしいです。常時15種類は各国のビールが置いてあるので、広い選択肢の中から選べます。そして瓶でも置いてあって、いくらか追加金額を払えば店で飲んでいく事も可能です。

Nickeldime Drafthouse ノビナのクラフトビール天国しかもドラフト

the 1925 micro brewery (1925マイクロブリュワリー)

1925はシンガポールの隠れ家的ブリュワリー。こっそり秘密にしておきたいブリュワリーです。無骨な店内と、変わった味のビールが特徴です。無難なものが好きな人は苦手かもしれませんが、新しいもの好きな人にはおススメ出来ます。

シンガポール産はじめ各国のクラフトビールが飲めるBar the 1925 micro brewery

Newton Food Centre(ニュートンフードセンター)

そして最後はニュートン。Stall45に入っているクラフトビールはコスパ最高です。Mac’sを2リットルや3リットルのタワーで頼むことが出来ます。それもかなり安い。食事もホーカー価格なので何の心配もいりません。欲を言えば、もっとウエスタンフードが多くなってくれないかなという事。値段を気にせずクラフトビールで酔っぱらうにはここが最適です。

ニュートンホーカーセンターでオススメの店 ベスト10(シンガポール)

シンガポールは常夏の気候なので、外で飲むクラフトビールは格別です。とりあえず生が嫌いな人、これからは、

とりあえずIPA(インディアンペールエール)!

でいきましょう。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です