Nickeldime Drafthouse ノビナのクラフトビール天国しかもドラフト

最近クラフトビールにはまっています。

カフェに行ったらコーヒーというのが定石だったのですが、いつの間にかカフェに言ったらクラフトビールとトリュフフライという感じになってきて、もはやカフェに行ってもコーヒーを飲んでいないのでカフェのレビューが書きずらいような感じ(というか後ろめたさ)になりつつあります。

今日紹介するのはカフェではなく、クラフトビール屋さん。

正々堂々とビールが飲めるというものです。さっそくレビュー行ってみましょう。もちろんお供はトリュフフライです。

NickeldimeDrafthouse_06

Nickeldime Drafthouse

Address: 273 Thomson Rd, #01-06 Novena Gardens, 307644
Tell: 6256 0261
Opening hours: 11am to 11pm

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

お店の雰囲気

まずトムソンロードNovena駅の近くという異色の立地条件にあるこのお店は、雰囲気的にはレストランよりもバーといった感じ。しかしそれなりにフードはあります。料理はピザやポテトが中心ですがピザはそれなりに美味しいです。

NickeldimeDrafthouse_04

店内にはレコードがディスプレイされていたり、個性的な雰囲気です。この手の雑多な作り方をするお店はごちゃごちゃし過ぎていて窮屈な事が多いのですが、ここでは流石に立地条件をいかしていて、とても広々と作られています。まわりの話声も気にならない程です。

もしこのお店がボートキーやクラークキーにあったらそれなりに人は入るでしょうし、儲かるでしょう。ですがこのNovenaという立地だからこその良さがあると思います。

圧倒的ドラフトビールの多さ

ここNickeldime Drafthouseの最大の特徴はなんといっても圧倒的ドラフトビールの数の多さです。その数なんと15種類。通常5種類でも置いてあればいい方で、たまに7,8種類のドラフトが置いてあったら、多いなと思いますが、ここではなんと15種類。圧倒的です。

この黒板にその全貌が書かれています。ペールエールを中心としたラインナップでスタウトやラガーそしてシードルなんてのもあります。ペールエールは色々な種類があるので、飲み比べたりなんかして面白いです。パイントで15ドルと決して安くはないですが、クラフトビールしかもドラフト、しかも種類が色々あるのは魅力的です。

こちらも参考にどうぞ。(ABVはアルコール度数です。)

NickeldimeDrafthouse_01

店の外に各ドラフトビールの説明がありましたので、貼っておきます。日本代表はサッポロだったのですが、なんかちょっと違う気がします。

NickeldimeDrafthouse_05

日本のクラフトビールがサッポロだと思われたら悔しいので、サマセット313に入っている地ビールのリンクを貼っておきます。だってそうでしょう?アメリカのビールのイメージがバドワイザーやクアーズっていう人が世の中大半なんですから。

会社の帰りにふらっと飲む地ビール。焼き鳥と一緒に。サマセット313 JiBi-ru Craft Beer Bar
質問:地ビールとクラフトビールの違いって何? 回答:同じです。 地ビール(じビール)は、小規模ビール...

瓶もあるよ

ドラフトビールの量に圧倒されますが、瓶でもたくさん置いてあります。値段も7.9ドルから19.9ドルと色々ですが、クラフトビールはラベルが可愛いので、見ていて飽きないです。気に行ったのがあったら買って帰ったらいいと思います。

NickeldimeDrafthouse_02

持ち帰らずにお店で飲む事も可能なのですが、気を付けなければならないのは、表示されている価格は販売価格だということ。店の中で飲むには1本につきプラス5ドルかかりますので、ご注意を。

NickeldimeDrafthouse_03

こんな感じです。

会社帰りに同僚とフラッと寄ったので、飲み物の写真や食べものの写真はありませんが、ガッツリピザやトリュフフライを頼みました。

どうして写真がないか?男同士の飲み会で食べものや飲み物の写真を撮るのは本当に辛いんです。どうぞご理解を。

隣には日本酒のバーもありますので、日本酒好きな方はこちらもどうぞ。

(Closed) ローカル系酒バー 510 SAKE BAR ニッケルダイムドラフトハウス (シンガポール)
日本酒の海外進出は、目覚ましいものがあり、最近では色々なレストランで日本酒を見かけます。これは、日本の分化が世界に受け入れられているというか...

それでは、また。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です