Novena通 Nickeldime Drafthouseが移動して、その跡地にPig’s FlyがOpen

このブログにはなんども書いているPig’s Flyというレストラン。私、ここがかなり大好きでして何度も足繁く通っているのであります。ちょうどその日もPig’s Flyに向かいしました。


そこで私が見たものとは!!!

えーーー!!!

なんと、潰れてしまっているではないですか。。。

あの、ステーキが食いたかったのに。。。

クラフトビールが飲みたかったのに。。。

何としても肉々しい肴とビールが飲みたい気分だったので、Nickeldimeに向かう事にします。

Nickeldimeもかなり好きなレストラン(というかBar)でして、気軽に友人と飲みに行くときに、会社帰りに寄ったりしています。なんとなく安心というか、「いつもの感じ」がして、行くと安心します。Pig’s Flyは無くなってしまったけれども、まぁNickeldimeはあるのだし、「まぁ、いっか。」とトムソンロードをテクテク歩いていきました。

5分程度でNickeldimeに着きます。なんと、私は腰を抜かしそうになってしまいましたよ。


そこで私が見たものとは!!!

そうです。Pig’s Flyがこんなところに移動して来ていたのです。

よかった。あのステーキ食える。。。

と言う事で、今日は新地に移動したPig’s Flyです。

Nickeldime Drafthouseは隣のビルに移動していました。ここについても近いうちにアップします。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

お店について

場所は、以前Nickeldime Drafthouseがあった場所です。Novena駅から徒歩で約5分、トムソンロード沿いです。外見はNickeldimeの時とほとんど変わらないですが、Pig’s Flyの看板が掲げられておりました。

お料理は色々あって、まさに集合住宅のようなもの。和食、タイ料理、インド料理、ウェスタン料理、なんでもあります。まるでお店がそれぞれ独立しているかのように各メニューは分かれておりますが、レジは一つ。店員さんはオーダーを聞きに来てくれないので、ここで頼みます。

オーダーが済んだら、席へ。店内はこんな感じで雰囲気あります。




ビール

Pig’s Flyの弱点は、タップされているドラフトがイマイチだったこと。330mlの瓶しか無かった(しかも確か15ドル位した。)ので、ちゃんと飲もうとすると、結構お金がかかりました。しかし今回移動してきて、新しいメニューを見ると、ドラフトビールのラインナップが増えていたのでテンションが上がりました。久々にドイツビールのホフブロイハウスのラガーを頂きました。ハッピーアワーなのでパイントで11ドル。うん、安いです。

店内にはホフブロイハウスの看板もあり、なんだかこの絵は(ドイツではなく)東京のビアホールのよう。暑い日にはたまらないです。今までは屋外で汗を垂らしながらビールを飲んでいたのですが、移転してノビナの避暑地Pig’s Flyとしてよみがえったとも言えるでしょう。これなら昼間でも来られます。

肉!!!

頼んだのは、やっぱりこれ。肉です。サーモンもついて来ます。これを食べながらビールを飲むのは至福の時です。休日のハッピーアワーの昼間に一人で来たのですが、これだけの肴でビール2杯もいけて、読書も進みました。開高健を読んでいたのですが、やっぱり酒飲みの書く気怠い文章を読みながらの一人酒は格別です。それも休日の昼間に。

しかし、このお馴染ステーキ、今までNettで16ドルだったのですが、18.9ドルに値上がりしておりました。やはり立地が良くなると、そのままの値段では出来ないのでしょう。まぁ外よりは中の方がいいので、良しとしましょう。足繁く通う事になりそうです。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です