ビジネス街のど真ん中にある雰囲気の素敵なカフェMellower Coffee

シンガポールに来て習慣化したことと言えば、まずは読書。日本にいた時には色々な誘惑が多く、なかなか一定した時間を読書に割くことは出来なかったのですが、シンガポールに来て誘惑が少なくなった(写真が並んでいるだけの、つまらない雑誌を買うことも少なくなったし、最初は携帯電話のデータ通信の契約をしていなかった。)事もあり、あまり苦も無く読書を習慣化出来たと思います。既に3年以上この習慣は続き、シンガポールに来てから読んだ本の合計は単純に計算しただけでも350冊を超えています。

そしてブログ。HugoのBlogを初めてから1年半にもなりませんが。ついに記事も300も超え、パソコンの画面に向かって文字を打つことも習慣化してきたと言って良いと思います。最初は適当に名前を付けてブログを始めたのですが、ブログに関わるところで出会いも増え、なんと本名でなくHugoと呼ばれる事も増えました。それに、これはとてもとても嬉しい事なのですが、たまに感想の手紙(電子メール)をもらう事があります。

先日も、”他のシンガポール在住の日本人ブログと一線を画す独自路線”と私にとって最上の褒め言葉で感想を綴った電子メールを頂き、さらにおススメのカフェを教えて頂きました。今回はそのカフェに(褒められて嬉しい気持ちでウキウキしながら)早速行ってきたのですが、本当に素晴らしいカフェでした。という事で、早速紹介していきますよー。

Mellower Coffee Singapore

所在地 : #01-03,, 77 Robinson Rd, Singapore 068896
電話 : 6532 2436

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

お店について

今回紹介するカフェMellower coffeeがあるのは、シェントンウェイ。ビジネス街のど真ん中です。職場がこの辺りの日本人も多いと思いますが、私の職場はこの辺ではないので、正直この辺りよく分かりません。実際にカフェがある場所まで来てみると、シンガポールの、それも中心部に住んでいながら、なんだかアウェーに来た感じすらあります。

この辺はビジネス街なので平日はきっと賑わうはずですが、週末は静かでした。時間がゆっくり流れている、もしくは止まってしまっている感じすらしました。
そんな中にあるMellower Coffee。席はなんと40席くらいあり、結構な広さです。そして、たまたまなのか、お客さんが一人もいなかったので、店員さんに断って店内の写真を撮らせてもらいました。

レザーのソファがあり、各テーブルには赤いバラが置いてあり、かなり優雅です。

そして何より時間がゆっくり流れいてます。店内の広さって言うのはここまで大事なんですね。「さぁ、どうぞ。いくらでもパソコンを開いて作業なさい。」と言われているような、気がしました。その声に導かれて、私は週末のあるまとまった時間を、本を読んだり、パソコンで作業したりしながら、このカフェで過ごすことになるのでした。

超居心地がいい

お腹が少し空いていたので、コーヒーにチーズケーキも頂きました。コーヒーにこだわっているらしく、バリスタは大会で賞を受賞している本格派が何人か在籍しているとの事がパンフレットに書いてありました。もともと中国がホームらしく、豆は中国産。私はコーヒーばっかり飲んでいる割りに、そんなに舌が肥えてはいないのですが、美味しいコーヒーだと感じました。

チーズケーキも美味しかったです。しっとりしているだけでなく、少しザラザラしている特徴のあるチーズケーキです。オリジナルで作っている感じはしませんでしたが、これも美味しいチーズケーキです。

それともうひとつ、是非伝えておきたいのですが、バリスタのお兄さんが印象的でした。コーヒーの淹れ方には相当にこだわっているらしく、(お客さんは少なかったけれど)終始、ラテアートの練習をしていて印象がとても良かったです。コーヒーのことを色々聞いても、親切に(そしてクールに)教えてくれて、素晴らしい接客でした。携帯電話を見ている店員さんが多いシンガポールですが、ここではそんなことなく、一流ホテルのボーイさんのように、かなりシャキッとしていました。

ひとつ注文をつけるとしたら、音楽のセンス。ちゃんと選んでほしかったです。中国語のイマイチな曲がかかっており、最後まで馴染めませんでした。コマーシャル的な恋愛ソング程嫌なものはありません。どこの国の曲でもいいので、ちゃんとした曲を流してほしかったです。ジャズとかクラシックとか。色々引っかかるところがありましたが、それはご愛嬌。まぁ許容範囲内ですね。

コーヒー豆

最後に、コーヒー豆を買って帰りました。最近は(経済的な理由で。笑)Joe&Doughの豆ばかり買っていましたが、久々に初めての豆です。これを朝、ポーレックスのセラミックミルで挽いて、ドリップするのが楽しみです。

コーヒー豆は2種類あって、豆自体の種類は同じなのですが、豆をローストしている時間が違うそうです。ちなみに私が買ったのは、甜香という短めにローストしたタイプ。片方はもっと長くローストしていて苦みが濃くなっているようです。美味しかったら、今度は両方試してみたいと思います。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です