駐妻ばかりに良い思いをさせない、旦那の会(仮)のススメ

はじまりは、こんな記事を書いたことからでした。

シンガポールに来ると金銭感覚が狂うって、本当?物価が高いか検証してみた。
質問 : シンガポールに来ると金銭感覚が狂うって、本当? 回答 : 本当です。 ...

恐れ多くも駐妻たちのランチ費を話題にとりあげ、有名ブロガーさん達を弾劾いたしました。もともと、友人夫妻との会話の議事録をアップしただけにすぎませんが、反響が大きく、これをもとに旦那たちは強く結束するに至りました。そして、第一回の決起集会がこちらです。

駐在員寿司を食う。駐妻に対する報復戦 鮨 新・次郎
よく聞いてほしい。これは、報復戦である。 誰に対する報復か。それはもちろん駐在員の妻、いわゆる駐妻たちだ。いつもおいしそうなレ...

今思い出しても、鮨 次郎のお寿司は美味しかったですが、それより何より、旦那たちの結束が強固になった記念すべき集会でした。

そしてこの記事を見て、ひとりコンタクトして来てくれた方がいます。それがKさん。今回はKさんを迎え、さらに強固になった、旦那の会。2回目です。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

今回の舞台は韓国焼肉 Wang Dae Bak

第一回の寿司に続いて、どこでお酒を飲んだら良い思いが出来るかを熟考した結果、真っ先に思いついたのが焼肉。一度焼肉だと決めたらもう後戻りはできません。今回は焼肉です。

そして、その舞台となったのはこちらWang Dae Bakです。

wang dae bak_07_1

Wang Dae Bak

Address: 98 Amoy St, Singapore 069918
Tell: 6226 0450

Telok Ayerの駅から2-3分位の場所にあります。この辺はオシャレなお店がたくさんあるので雰囲気がとても良くて夜歩いているだけで気持ちが良いです。

この日の主役はもちろん肉!!新入りのKさんも主役ですが、それより何よりも主役は肉です。良い思いをしなければならないという、この集まりの趣旨上、メニューの中から良いものを頼まなければいけません。プレミアとか、プライムと名のつくものばかり頼みました。

(本当は味付きの豚肉とか頼みたかったのですが、プレミアって名前付いてなかったので、頼めませんでした。。。分厚い肉ばかり頼んでいきます。)

wang dae bak_05_1

お肉もそうですが、ここのお店に決めた一番の理由、それはこの鍋のまわりに入れてくれる卵焼きです。韓国焼肉と言えば土鍋に入ったフワフワ卵(ケランチム)が定番ですが、ここはケランチムのフリーフローです。なくなったら入れてくれます。そう、

フワフワ卵が食べ放題!!

なのです。

酒も飲みます。今夜はHiteから始まりました。

Hiteってなんだか洗剤のようなパッケージで、今までセンスを疑っていたのですが、今回出てきたHiteはオシャレパッケージになっていました。Hiteまで旦那の回を祝福してくれているようです。このパッケージならお酒が進みます。

wang dae bak_02_1

そして夜は更け、肉は進みます。相変わらず卵も投入されます。

おしゃれHiteにも飽きてきて、だんだんとマッコリに移行します。マッコリ投入により韓国焼肉っぽさが一気に増します。マッコリって容器が特徴あって、お玉で掬って茶碗みたいなのにいれるスタイルから、スーパーで売ってるペットボトルをそのまま出してくるスタイルまであるのですが、ここのお店はその中間。給食のような薬缶とキャンプで使うようなシェラカップで出してきました。

wang dae bak_04_1

ここまでは全てが順調でした。ここまでは。

結局、最後にやらかしました。今回は大食いのK氏が不在なのを忘れて、チヂミを頼んでしまったのです。出てきたのがこちら。

wang dae bak_06_1

まさかのサイズ感。ドミノピザのLサイズをはるかに凌ぐボリュームです。厚さもクリスピーをはるかに凌ぐほどの存在感。自分たちのテーブルに置けるわけもなく、隣のテーブルに直行しました。

一番最初にも言いましたが、この回の趣旨上、良いものを食べなければなりません。安いチヂミでお腹いっぱいにしてはいけない訳です。ダーパオする訳にもいかず、半分以上を残してここのお店は閉店、次に移動です。

2次会へ移動

ここで急遽M氏が駆けつけてくれたので、雰囲気もガラリと変わります。場所を変えての仕切り直しです。舞台は、まさかの肉屋。さんざんチヂミを残したあとの肉屋です。

wang dae bak_11_1

Meat Smith  

Address : 167, 169 Telok Ayer St, 068620
Tell : 6221 2262

さて、肉を食うぞー!と思ったのですが、時間も時間だったので、なんとお肉が終わっていました。。。

どうしてもビーフが食べたかったのですが、頼んだのはカラマリとチキン。

wang dae bak_08_1

ポテンシャルは感じました。ビーフがメニューにいっぱいあったので、ビーフを頼んだら何が出てきたんだろうと想像せずにはいられません。(ここで、もう食えないと言えないところが男の辛いところ。肉屋に行ったら肉が食いたくなるのです。)

というか、むしろ値段的にもこちらで一次会をすべきだったのかもしれません。次回の会場選びはこんな感じになるのかな?

野菜はシャレオツ盛りでした。

wang dae bak_09_1

Hite→マッコリと飲んできましたが、ここでの飲み物はワイン(メルロー)です。結局この店では同じものを2本入れました。そうこうしているうちにこのお店も閉店。移動を余儀なくされます。旦那の会、まだまだ終わりませんよー。

wang dae bak_10_1

3次会へ移動

次に漂流してきたのはこちらのお店。2本もワインを入れてしまい、ヘロヘロでしたが無事にたどり着きました。(ほぼ不時着)

場所はSugarhall。タンジョンパガーのバーです。

wang dae bak_13_1

Sugarhall

Address: 102 Amoy St, 069922
Tell: 9732 5607

雰囲気がとっても素敵です。アイラのシングルモルトウイスキーをオンザロックで飲んで、会を締めます。結構飲んだので予想以上に酔っぱらっていたのか、何を話したのかほとんど覚えておりません。でも海外に赴任していると、話題もインターナショナルで、日本の友達とは違った話題になることが多く、とても刺激的。大事にしたい仲間です。

wang dae bak_12_1

ここまで、Hite→マッコリ→赤ワイン→ウイスキーと繋げてきました。良く考えてみると(良く考えなくとも)これは典型的なチャンポンです。なん だかこのメンバーで飲むといつもチャンポンになってしまう気がします。まぁ楽しいので、(その場は)問題なし。美味しいものを好きなだけ飲んで、良い気分 です。

そして、次の日も会社に向かうのでした。

駐妻ばかりに良い思いをさせない、旦那の会(仮)の向かう場所

さて第2回を終えて、この会の向かう場所を考えなければならなくなりました。会の名前が長すぎるから、名前を変えたいと友人にラインをした結果、CHUBYOSK(ちゅびょすく)の会ではどうか?との天才的な回答が帰ってきました。ということで、

今後は、CHUBYOSK(ちゅびょすく)の会と呼びます。

え、意味が分からない?意味を知りたい方は参加してね。

ということで、そう、最後は会員募集のお知らせです。我々はオープンなので、メンバーを募集します。駐在で赴任して来たのはいいのだけど、奥さんばっかり良い思いをしていて、良い思いが出来ていない旦那さん、是非、一緒に飲みに行きましょう。

もしくはそこの駐妻さん、旦那を我々の仲間に送り込んでください。よろしくお願いします。

という事で、今回はおしまい。みなさま、良い週末を。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください