日曜の昼だけ開催されるチャイナタウンのフリーマーケット(蚤の市・骨董市)

フリーマーケットを英語で書くとFleaMarket。蚤の市です。FreeMarketではないんですね。恥ずかしながら今までずっとFreeだと思っていました。まだまだ知らない事がたくさんあります。

今回はシンガポールのFleaMarketの紹介です。

シンガポールのフリマと言えば、毎年開催されているBoutiquesや、Zoukのフリーマーケットなど、有名なフリーマーケットはいくつかありますが、毎週開催されているシンガポールのフリーマーケットは恐らくチャイナタウンのここだけです。存在は聞いていはいたのですが、行った事がなかったので行ってみました。

目印はこのタワーChina Square Central。MRTで言うとチャイナタウンとテロックアイヤーのちょうど真ん中にあたります。

china-town-flea-market_01

China Square Central Flea Market

住所 : 18 Cross St, Singapore 048423
営業時間 : 日曜 11時00分~18時00分
電話 : 9856 8683

中に入るとこんな感じ。人は結構入っています。古いコインや切手、キーホルダーなどが売っています。まさに蚤の市ですね。ガラクタが9割9分ですが、その中に良さそうなものも見えます。こういうのを探すのが楽しいんですよね。

china-town-flea-market_02

1階と2階で開催されており、所狭しと店が並んでいます。2階の方が見どころが多く、奥の方までずっとお店が並んでいました。

china-town-flea-market_03

今回行ったのは、何を目的としているということはないのですが、雰囲気の良いビンテージ品、アンティーク品はないかなという事で行きました。なんだかんだ1時間半くらい物色しましたが、今回は目ぼしいものは見つからず。しつこく通えばいいものが出てくるのかもしれませんが、なかなか見つけるのは難しいです。

china-town-flea-market_04

それと帰りに見つけたのですが、クロスストリートを挟んだ向こう側では外で同じように蚤の市が開催されていました。買うものはありませんでしたが、こちらも雰囲気が合って面白かったです。

china-town-flea-market_05

生活の糧として、家にあった売れそうなものを持ってきたという感じで、(行ったことないけど)大阪の西成的な雰囲気が出ています。外の方がガラクタ率は高いですが、見学のし甲斐はありました。

china-town-flea-market_06

簡単ですが、今回の報告は以上です。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください