シンガポールの食の教典MakanSutraを購入 – 2017年の方針と抱負

明けましておめでとうございます。

昨年はシンガポールの方、日本の方を中心に多くの方々より、このブログを見て頂きましてどうもありがとうございました。アクセス数があがると、それが励みになって、文章を書く事を続けてこられました。今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、この年末年始の節目に、このブログの大きな柱でもある「レストランレビュー」について見なおしました。巷に溢れるレストランレビューとは違ったものを書きたい、たかがレストランをレビューしているだけだけども、その中に個性を出したいという想いがあります。この観点から2016年を振り返った結果、良かった点と悪かった点が分かってきました。

良かった点

レビューをする時の視点や書き方など、大衆受けを全く考えずに、脱線しまくって自分の好き勝手に書いてきた点。これは個性的と言えるでしょう。この調子で続けて行きたいと思います。

悪かった点

レストランの選択が良くなかったのでは?マンゴスティン倶楽部、JPLUSなどのフリーペーパーに載っているレストランや、他のブログで取りあげられているレストランをメインで載せてしまった。これは没個性的。

この反省を踏まえて、年末にあるものを仕込んでおきました。そのブツが届いたので紹介します。

makansutra

Makansutra 2017年度版です。

Makansutra(マカンスートラ)には、シンガポールのストリートフードが格付けされて紹介されいています。写真を全く使用しないレストラン列挙型のガイドのため、あまり見やすいとは言えず、これを使っている駐妻の方々は少ないはず。さらに、シンガポールの外食文化を考えたときに、ホーカーの存在はまず外せません。と言う事で、2017はこれに注目してレビューを書いていきたいと思います。

駐妻の高級レストラン通いを悪く書いたこともありました。それが、気づかないうちに自分が高級レストランのレビューを書いて、率先して駐妻を高級レストランに導いていたという事に気づいたのです。

私の使命は、駐妻のみなさまのために、「安くて、美味しくて、清潔な」お店を探す事。これを肝に銘じて、マカンスートラを読み解いて、良いお店をレビューして行きたいと思います。てな訳で、今年も応援よろしくお願いします。

*昨年の忘年会ラッシュでいくつかお店に行っているのですが、書ききれていない場所が何軒もあります。それを終えてからホーカーの旅に出ようと思います。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です