axis bar & lounge 憧れのマンダリンオリエンタルホテルのハイティ―でスイーツ攻め

日本には、鬼の居ぬ間に命の洗濯ということわざがありますが、これは自分の嫁を鬼と隠喩して、そのつかぬ間の空きに息抜きをする例えです。これはこれで、日本人的な巧みな表現方法だなと感心する訳ですが、

私は嫁の居ぬ間に、嫁の友人達とハイティーに行きます。

まさに、現代人ですね。古き良き日本男児的な感覚は甚だ感じません。

シンガポールのガイドブックには必ずと言っていい程載っているハイティ―(もしくはアフタヌーンティー)。イギリス発祥のこの文化は、イギリス植民地であったシンガポールでも経験することが出来ます。

女子には魅力的なのに、男子には魅力的でないこの文化、男子代表として、調査してきました。それではレポートしていきたいと思います。

axis bar & lounge (2)

Axis Bar and Lounge  
住所: 5 Raffles Ave, 039797
電話: 6885 3500

今回潜入した現場は、Axis Bar and Loungeです。あの格式高いマンダリンオリエンタルの中に入っております。(注・マリーナマンダリンではありません。)

このお店に来てまずびっくりするのが、ピアノの大きさ。このお店はBar and Loungeというだけあって、それほど大きくはありません。ホテルのフロアの一角にあるラウンジといった佇まい。それなのに、このグランドピアノです。綺麗なお姉さんが弾いていましたが存在感がありました。

axis bar & lounge (3)

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

ハイティ―の準備

15時のスタートに合わせてゾロゾロとお客さんが入って来ました。今回は有り難いことに友人が予約してくれましたが、予約は必須です。

席に通されると、まずお茶を選びます。AXISの場合、なんとメニューが日本語でした。きっと日本人のお客さんが多いのでしょう。(特に、駐妻が!)

axis bar & lounge (6)

お茶が訳わかんないという人は、サンプルもあるので好きなのを試せます。嗅いでも分からない人はネーミングで選びましょう。(私の場合、名前しか見ないです。)

axis bar & lounge (8)

ハイティ―で出てきたものたち

さて、お茶を頼んで一息すると、怒涛のように食べものが出てきます。(食べ終わらないと次が出てこないので、怒涛のように食べたとも言える。)

まずは、スミレ色ベリーのゼリーです。泡が軽くて、それにベリーのリッチなテイストがマッチして爽やかな一品。見た目的にも美しいです。この時点ではベリーに注意を払う訳ではなく食べたのですが、このあと”ベリー”が大変な意味を持つことになります。

axis bar & lounge (9)

お次は、

  1. 鴨のリエットとフォアグラ ラズベリージャムのせ
  2. 生ハムとメロン ルッコラと熟成バルサミコ添え
  3. トリュフ香る卵とチャイブのサンドイッチ
  4. ケイパーベリーとセミドライトマトクリームチーズ

品数が多過ぎて訳わかんないですけど、食べたらどれがどれか分かります。リエットとフォアグラが美味しかったです。

axis bar & lounge (10)

お次は、

  1. アスパラガスとライムとカニのクリームブリュレ
  2. 黄ズッキーニと苺とリコッタチーズ バルサミコ風味
  3. ロブスター アイオリソースと共に

私はこっちの方がおいしいと思いました。ロブスターもブリュレも、少なすぎですね。もうちょっと量が欲しいです。。。

axis bar & lounge (11)

お次は

  1. キャラメルメイプル味のクルミのスコーン
  2. ミックスベリーとハイビスカスのスコーン
  3. コーニッシュラムパイ
  4. バターナッツとクランベリーのパイ

この辺りからだんだんと、おかしくなってきます。さっきまで少ないと言っていたのに、スコーン2個とパイ2個は結構お腹に貯まるのです。でもスタートは15時だったし、お昼ご飯は抜いています。もちろん、まだまだ食べられます。

axis bar & lounge (12)

ここで本丸が登場します。その布陣はというと、

  1. ブルーベリースフレロール
  2. ブラックベリーのヨーグルトムース
  3. ピスタチオとラズベリーのマカロン
  4. ライチと苺とレモン風味のバウンドケーキ
  5. サマープディングとヨーグルトクリーム
  6. さくらんぼのミルフィーユ

堂々たる布陣。ベリー尽くしです。

まさに、北島康介。

何も言えねぇ、、、

となります。

axis bar & lounge (13)

この華やかな3段スイーツを食べている途中で、血液中の血糖値が上がっていくのを感じる事が出来ます。最初は糖分上昇に体が喜んでいるのだと思っていたのが、よくよく耳を澄ましてみると、それは悲鳴でした。私、スイーツは別腹だと思っている程のスイーツ男子ですが、これはちょっとやりすぎです。食えないです。。。

お昼ご飯を抜いて挑みましたが、それは大正解。夕飯まで要らない位にお腹いっぱいになりました。お昼は軽くも食べないほうがいいです。

おまけ・ハイティで出てくるお茶

マンダリンオリエンタル、オリジナルのブレンドがあります。緑茶ベースのお茶のようですが、試したことがないので、分かりません。お値段も高級でしたが、パッケージにも高級感が出てます。

axis bar & lounge (4)

でもちょっと待って。TWGについて、詳しくご存知ない方も多いようです。歴史を知らない方はこちらをご覧ください。盲目的に日本の知人に紹介する前に、知っておいた方がいいですよ。

マリアージュフレールが一番いいという事ですかね。うちもTWGは使っていませんが、紅茶は日本で買った(頂いた)マリアージュフレールを飲んでます。

さて、如何でしたでしょうか?

ハイティ―に行って分かったことがあります。それは何事にも限度があるという事。甘いものばっかり食べるのではなくて、普通にご飯を食べた後に、コーヒーと一緒に一個だけ甘いものを食べるというのが幸せなんですね。

結論 : 何事にも限度がある。

ということで、みなさま良い週末を。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です