Bincho チョンバルのオシャレエリアに佇む隠れ家的焼鳥屋さん (シンガポール)

最近のアクセス解析ソフト(ブログへのアクセスを解析するソフト)はものすごく性能が良くて、どの投稿がアクセスが良いか一目で分かります。そのアクセス数に応じて投稿する内容を決めていけば、まず間違いなく人気サイトが出来上がるわけですが、私はそのようにはしていません。

これはイノベーションのジレンマ(C.クリステンセン著)でも言われていることで、客に合わせていっては瞬間的な伸びしか期待できず、長期的に見ると衰退していくとの事です。長期的な反映は、自分からスタイルを提案して、それに客がついてくること。まさにジョブズ全盛期のような構図ですね。わたしはこれを信じて、アクセスの少ないオピニオン系の記事をメインに書いているわけです。(ようするに自己満足なのですが、、、)
自分の薄っぺらなオピニオン系の記事とジョブズの革新的な製品を比較するなんて、恐れ多くてとてもできませんが、客に媚びずに自分のスタイルを発信したい気持ちは同じなんです。

ところがそんな大志とは裏腹に、せっかく書いた記事を誰も見てくれなかったら寂しいという気持ちも当然あります。ということで、イントロダクションの流れからは180度変わって、今日はアクセスアップを期待して比較的見てくれる人の多そうな、シンガポールのレストランレビューいきます。

Bincho entrance

Bincho
HP: http://www.bincho.com.sg/
住所: #01-19, 78 Moh Guan Terrace, シンガポール 162078
電話: +65 6438 4567
ランチ: 火曜から日曜までの12時から15時(2時半ラストオーダー)
ディナー: 火曜から日曜までの18時から遅くまで

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

休日でもやってるランチコース

Binchoの良い点は週末でもランチがやっていることです。外食費の高いシンガポールでは、アラカルトで頼むとどうしても高くなってしまうので、休日のランチは助かります。

シグネチャーの焼鳥丼のセットがSGD25++ですので、日本の感覚でいったら決して安くはないですが、前菜、サラダ、漬物、唐揚げ、デザートがついてこの価格なので、お店の雰囲気とクオリティーを考えたら、コストパフォーマンスは良いと思います。

Bincho1

こちらがデザート用のメニューです。セットにもデザートが付いていますが、別でも頼むことが出来ます。

Bincho2

丁寧なお料理

ここの料理は自信を持ってお勧めできます。私たち夫婦がリピートしているように、是非リピートしたくなるお店です。私たちはランチでしか利用したことがありませんが、夜も試してみたいと思っています。参考に、焼鳥丼の写真をアップします。

こちらが前菜のサラダと鮭と大根の煮物になります。

Bincho3

唐揚げです。焼鳥屋さんの唐揚げなので、クオリティは間違いないです。

Bincho4

そしてこちらが焼鳥丼です。さすが、店もオシャレなだけあって、盛り付けもオシャレです。自動焼鳥機を導入している某チェーン店の盛り付けとは一味も二味も違い、まるで別の食べ物のようです。(その某チェーンには足繁く通っておりますが。汗)

Bincho5

写真がないですが、これにデザートが付いたものがセットです。これでSGD25++ならコストパフォーマンスは良いと言って良いと思います。雰囲気も隠れ家的(入口が分かりにくいとも言う)で、とてもセンスがいいので、一度は行ってみることをおススメします。

夜のBinchoについて

私は行ったことがないのですが、夜のBinchoも良さそうです。雰囲気はとっても素敵なので雰囲気だけでも紹介しておきます。

まずはこの写真右側にあるのがコースメニューです。写真が下手過ぎて全然見えないですが、ご勘弁を。焼鳥屋さんのコースメニューなんてとても魅力的です。それなりにお値段しますが、コストパフォーマンスは良いので、試してみたいです。

Bincho dinner

そして左側のトンネルをくぐると、 Barになっています。日本のクラフトビールも置いているので、それを楽しみに寄るのもいいかもしれません。

bincho dinner2

コースメニューでなくても、単品もちゃんとあります。

Bincho dinner1

さて、如何でしたでしょうか?夜な夜なこんな記事を書いていたらBinchoの焼鳥丼が食べたくなってきました。とはいっても、日本みたいにこんな時間(12時過ぎ)に焼鳥丼が食べられる訳ではないですし、今夜はホテイの焼鳥の缶詰(たれ)で我慢することにします。

立地のせいでコストが高くなってしまい、お料理のクオリティが伴っていないレストランが多いシンガポールの中で、このBinchoのように、この価格で丁寧にやっているレストランは魅力的です。シンガポール在住の日本人にも自信を持って勧められるレストランです。このブログでは、このようなレストランのレパートリーをもっと増やしていきたいと思います。

2016年7月追記

久々にお昼のランチを食べに行ってきました。

スズキ焼きセットを頼みました。カウンター席だったので目の前でスズキが炭火焼されて行くのを見ながら前菜を食べていたのですが、なぜその時にビールを頼まなかったのか不思議でなりません。カウンター席で食材が炭でじっくり焼かれて行くのを見ながら、少しだけ料理を頼んで、お酒をチビチビ飲むなんてのもいいかもしれませんね。

Bincho201607_1

Bincho201607_2

Bincho201607_3

Bincho201607_4

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です