London Fat Duck オーチャードでお手軽にダックが食べられるレストラン

ある平日、オーチャードエリアで「ふっ」とランチ出来る瞬間がやってまいりました。

平日にランチ出来るチャンスなんて滅多にないので、「チャンス!」とばかりにネットで調べると、手ごろなダックが食べられるお店が見つかりました。情報源は、とあるブロガーさんのブログです。つまりもう既に紹介されているものを見てから行ってきたので、二番煎じ的な感じは否めませんが、それでも書きます。

今日はダックです。

London fat duck_01

London Fat Duck  

Address : 6 Scotts Rd, #B1-16/17 Scotts Square, 16 / 17 Scotts Square, 228209
Tell : 6443 7866

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

メニューについて

メニューはこちらの1枚です。品数が多い訳では無く、(良く言えば)少数精鋭です。店先にぶら下がっているダック(Signature London Roast Duck)、焼豚(Barbeque Pork with Honey Sauce)そしてクリスピーな豚バラ肉(Hong Kong Cracking Pork Belly)の3つがメインとなっており、それにサイドがある感じです。

London fat duck_03

注文方式は鼎泰豊のようなスタイルです。自分で頼みたいものをペンでマークしたら、店員さんが取りに来てくれます。

London fat duck_04

お料理について

ライスかヌードルを取ろうかとも思ったのですが、美味しそうなサイドメニューがたくさんあったので、今回はパラパラとサイドメニューを頼んでいくことにしました。まずはシューマイです。シンガポールで食べるシューマイは全て、日本のシューマイのような肉々しさはないのですがプリップリとした弾力が良いです。このシューマイも例に洩れずプリップリ。熱々のうちに一瞬で食べました。

Steamed Pork Dumpling “Siew Mai” SGD5.8

London fat duck_11

小籠包も頼みます。こちらも悪くないです。白色のすっきりした味のスープが入っている小籠包でした。

Xiao Long Bao SGD5.2

London fat duck_10

豆腐はちゅるっとして、さっぱり。何の味付けか全く分からなかったのですが、とにかくさっぱり。付け合わせののピクルスまでサッパリしていました。

Home-Made Braised Beancurd SGD4.8

London fat duck_08

そして注目すべきはこれ、外見の割に中身が素敵なこのバン。これが一番おいしかったです。ダックライスも食べたかったけど、バンを食べてライスも食べたら炭水化物取り過ぎになってしまうので、ライスを諦めた理由はほぼ、このバンが食べたかったからです。それほど食べたかったこのバン、やはり今回頼んだ中で一番でした。

Signature Black Pepper London Duck Bun SGD5.5/3pcs

London fat duck_06

中を開けたら、スパイシーなダックが出てきます。その真っ黒な外見に、皮がブラックペッパーなのだと思っていたら、皮は甘く、中のダックがブラックペッパーです。甘い皮とスパイシーな中身のギャップがたまりません。

ただ一つ、食べるときにボロボロになるのが欠点でした。

London fat duck_07

そして最後はダック。もちろん頼みました。ただこれは期待していた程ではありませんでした。確かに肉が厚くついていて、今まで食べてきたダックとは印象が違いますが、骨がすごいので、食べるのが面倒でした。

Roast Duck (Reguler) SGD16.8

London fat duck_09

総評

最後に総評を書いておきます。ブラックペッパーのバンは抜群に美味しかったですが、メインのダックは期待しすぎると肩透かしに合います。このレストランの位置づけとして、予約していくほどのレストランではないが、気軽にダックを食べに行けるレストラン。というのが正確な気がします。今まで私がシンガポールでダックを食べるとき、ホーカーセンターのダックライスか、もしくは高級中華レストランで仰々しく出てくる北京ダックの二者択一になっていました。このレストランはその中間的な位置づけ。気軽にダックが食べれるので、選択肢が増えるという意味で、おススメなレストランです。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です