おでん万平 常夏の国シンガポールで冬気分を味わう方法

2017年も明けてしまい、時計の針が年々加速していくように思う今日この頃。これは昨年の年末の話です。

12月に入ってからというもの、忘年会は続くのに、いまいち年末感が出ない。忘年会と称しても、年の瀬に相応しい話などなく、忘年会と称したただの飲み会が続いている状態です。

これは、いかん!

常夏の国シンガポールでは、年末年始の感覚が全く掴めずに、ただでさえ加速し出している時計の針が、どんどん加速していきます。

マジで、、、、これは、いかん!

なんとか年末気分を出すために向かった先、それが今回紹介するおでん屋さんです。

manpei_09

Manpei 万平  

住所: 59 Kampong Bahru Rd, Singapore 169367
電話: 6222 2983
デリバリー: foodpandaが対応

* 博多もつ鍋の悟空やラーメンの大黒屋と同じ系列だそうです。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

雰囲気について

店内はというと、こじんまりした雰囲気。冬ですねー。石川さゆりの津軽海峡冬景色や、森進一の襟裳岬、細川たかしの北酒場でも流れていてくれればよいのですが、店内そこまで冬ではありません。エアコンがきいている分、外の席より少しはマシですが、それでも我に帰ると夏です。これは忘年会なんだぞ、今は冬なんだぞと思いこむ事が大事です。どうです?イマジネーションで店内が冬に見えてきましたか?

manpei_08

お料理について

万平については、おでん屋さんという前評判でしたので、おでん以外のメニューはあまりないのかなと思いましたが、メニューを見たら色々あるじゃないですか。まずはビールと一品料理で軽くやって、途中から日本酒に移行して、最後におでんで締めるという黄金の方程式が頭の中で、即座に組みあがりました。

以下、時系列でお届けいたします。

乾杯したらすぐに運ばれて来たのが、タコのカルパッチョです。いくらもゴロゴロ乗っていて、海藻もふんだんに使われていて、なんとも華やか。いやー年末、冬ですねー。(イマジネーション!!)

manpei_01

そして羽根付き餃子。ビールには餃子。これももちろん方程式に入っています。

manpei_03

そしておくらもやし。ゴーヤーチャンプル的な雰囲気がとても美味しい料理です。これは気にいりました。家でも作りたくなる料理ですね。そもそも、なんで今までゴーヤーをオクラに変える事を思いつかなかったのだろうと自分自身反省します。関係ないけどオクラは英語でなんていうかご存知ですか?正解は、Okra(オクラ)です。

この辺でビールを切りあげ、日本酒に移行です。

manpei_04

丁度いいところにしめサバがやってきました。油断すると冬気分がすっとんでいきますが、ときたま思い出したように年の瀬に相応しい話をし、最終的には2016年について(男ふたりで)語ることが出来ました。

manpei_02

シメサバにはガリも付いて、いい感じでした。これでは嫌でも日本酒が進んでしまいます。

日本酒について

さてさて、料理の紹介の中ではすでに日本酒に行ってしまっていますが、ここら辺で日本酒も紹介します。ホロホロと酔いが回って来たくらいで切り替える日本酒って、なんて素敵なんでしょう。太宰治の小説で、メロスが、喉が渇いてヘトヘトの時に川を発見したときのような嬉しさがあります。それはちょっと大袈裟かもしれませんが、ビールから日本酒に移行するときの嬉しさと言ったらありません。「これを待ってたんだよ!」的な。笑

日本酒のメニューはそれほど豊富では無かったのですが、店員さんに聞いたら冷蔵庫から九六位(くろくい)が出てきました!

manpei_05

良いお酒を、年末に飲む事が出来て大満足です。(お値段も結構良い感じでした。。。)

ちなみに店員さん、日本人ではないようですが、日本語ペラペラです。もしかしたら私よりも上手かもしれません。。。

おでんについて

さてさて、日本酒も後半に差し掛かって来た頃、いい感じに酔っぱらった目は、ようやくおでんを捉えました。それはカウンターの一等席に鎮座しておりました。

manpei_06

もうこの中から、そのまま箸で取ってしまいたい。

一瞬、自分の中の悪魔が何か言いましたが、私は大人なので、ちゃんと何が欲しいか、ジェントルに店員さんに伝えて持って来て頂きました。

manpei_07

大根、巾着、車府、ロールキャベツ、つくね、はんぺん、厚揚げ、、、、、もう感無量。

2016年、無事収まりました。

あっさり出汁のさっぱりとしたおでん。こちらが二人だという事を察してのことか、丁寧に切ってくれてあります。This is Japanese quality!!これこそ、日本酒の締め、そして2016年の締めに相応しいおでんです。

さてレビューも終わりに差し掛かりましたが、シンガポールのみなさん、ここで一度良く考えてみて下さい。

まだ、1月ですよ!睦月ですよ!!

こんなに暑いのに、まだ1月なんです。グダグダしていると、時計の針はどんどんどんどん進んでいってしまいます。気づいたらまた次の冬ですよ!!そんな方は、是非ともイマジネーションで四季を感じましょう!!そして、無理矢理にでも冬気分を味わいたい方は、是非、万平へ!

PS:私、16歳以降ほとんどテレビは見てないし、現に家でテレビは押し入れに仕舞っているような有様のメディア音痴なのですが、NHKでやっていたリリーフランキーの「おでんくん」だけは熱狂的なファンです。本上まなみの声で、「なんでもしってるつもりでも、本当は、知らないことがたーくさんあるんだよ。これはおでん村の話。。。」というはじまりがたまらなく好きです。何故かはわからないのですが。。。共感出来る人に会った事は未だありません。笑

ちょっと変わり種ですが、ラップバトルの回のリンクを貼っておきますので、共感できる人募集中です。これは神回ですので、是非ご覧ください。Eminemの8Mileのオマージュかと思いますが、秀逸過ぎます。それでは、また。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です