サラリーマンは、平日の仕事帰りに松尾鮨でビールと熱燗を飲んで、千鳥足で帰宅する。多分。

どうも、サラリーマンHugoです。

最近自分があまりサラリーマンっぽくない事に気が付きました。

ネクタイこそしていませんが、それなりにパリッとした格好で働いているし、働いている時間もそれなりに長い。たまにはサラリーマン的な事がしたいなと思った時に、ふっと頭に浮かんだ絵が、“ネクタイを頭に巻いて、鮨をお土産に千鳥足で帰るサラリーマン”、これです。

なんでこんな前フリから始めるかと言うと、早い話が、まぁ単純に鮨で飲みたくなったというだけなのですが、早速お寿司屋さんに行ってきました。という事で今回はノベナにある松尾鮨の紹介です。

松尾 Matsuo Sushi Restaurant  

住所: 17 Goldhill Plaza
電話: 6356 2603

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

雰囲気について

今日もノビナエリアの紹介なのですが、最近はこの辺で飲む事が多いので、松尾鮨の存在はずっと前から気になっていました。メニューがドアの外に置いて無いうえに、扉が重厚で、中が全く見えない。これはきっと、とっても高い店なんじゃないだろうか。という事であまり行くチャンスが無かったのですが、友人が、「俺よく行くよー。」なんてサラリというもんですから、ようやく行ってみる気になりました。私は割と一人でも色々行動できるのですが、高級そうに見えるお店に対しては案外チキンなのです。

電話で予約をしてから行ったので、席は確保されていました。中に入ってみると、雰囲気は日本の小料理屋のような雰囲気。高級感もあり、思ったよりカジュアルでとても落ち着きます。客層は日本人と外国人でだいたい半々くらいの比率でしたでしょうか?金曜の夕方でしたが、うるさくなく、いい雰囲気でした。

*こじんまりしたお店だし、お客さんもそれなりに入っていたので、TPOを考えて、写真を撮るのをやめました。読んでくれている人には雰囲気を紹介したくてたまらなかったのですが、そう言う事情なので、ご勘弁を。

け、、け、決して忘れた訳ではないですよ。。。

お料理や飲み物について

まずはビールで(ひとりで)乾杯します。薄口グラスにキリン一番搾りで、まるで日本のようです。

適当にアラカルトとセットで頼んだのですが、最初に運ばれてきたお料理は山かけ。寿司屋で鮨を頼まないとは何事だと思うかもしれませんが、ちゃんと妻が鮨を頼んでたので、失礼ではないでしょう。私は料理は少なめで、お酒を飲むのがメインです。

そう、今回は平日に妻と二人。どうしても飲みたくなって、会社帰りに誘って、二人で来たのです。

そして次に運ばれてきたのは、サバ。飲む気満々ですね。ビールは程々にさっそく熱燗に切り替えます。油が乗っていなかったのですが、どこのサバなんでしょう。ホーカーセンターの韓国料理で食べるサバとは全く違ったサバでした。

熱燗を飲むと、ここが東南アジア、北緯一度の島国にいるとは思えません。中に入っているのは、何のお酒か分からないですが、徳利には菊正宗の文字が。

ビールから菊正宗に移動すると、何だか丸谷才一を思い出してしまうんですよね。丸谷才一は、「食通知つたかぶり」という名エッセイの中で、串だったり、鰻で菊正宗を飲んでいるので、食べる事が好きで、日本酒が好きで、本を読むことが好きで、丸谷才一の文章が好きな方は是非。変に形式ばらず、料理を食べることに対して、人生が豊かになる素敵なエッセイです。私は3年くらい前にKindleで読んだので、シンガポール在住の方も気軽に読めますよー。日本の方は文庫でも電子書籍でも、是非。

ちょっと話が逸れましたが、次は揚げ出し豆腐。コロモが上品で日本酒に良く合います。あぁ、やっぱり私はちょびちょび頼んでお酒を飲むのが大好きです。鰹節、一枚ずつ食べながら、日本酒を飲んでいたい。

ちょびちょび頼んではお酒を飲む私をチラ見しながら、妻はお寿司のセットを頼んでガッツリ食べていましたので、これも紹介します。名前も値段も忘れてしまいましたが、なんとかセットという名前がついてました。何種類かあるうちのひとつです。。。

まずはお刺身が運ばれてきました。見た目は素敵なのに、トロはイケていなかったとか。その他については。私も妻の隙を見ては箸をシュッと伸ばしていたのですが、なかなか美味しいお刺身でした。

セットと言うくらいだし、色々ついてくるのですが、から揚げや、

茶わん蒸しもついて来ます。真っ白なうえにブレブレで全く茶碗蒸しの雰囲気は伝わりませんが、中身に色々はいっていて、贅沢な茶碗蒸し。料理自体も思っていたよりも色々と来てビックリ。

そしてメインのお寿司はこんな感じ。

お寿司には味噌汁がついてきます。

そして最後は、お茶を飲んでフィニッシュ。駆け足で紹介してきましたが、実際に、すぐに熱燗にやられてしまい、駆け足でフィニッシュしてました。望んだとおりに千鳥足で家まで帰ってくる事が出来て、まぁ平日としては満足なお酒でした。

それでは(サラリーマンの)みなさん、今週も(駐妻の人たちが習い事や、お付き合いのお食事介している間に)私たちは、お仕事頑張りましょう!!

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です