ゴールデンマイルでタイ的ハイブリッド焼肉ムーカタの宴 New UDON Moo-Ka Ta

タイ料理と言ったらムーカタだよねー。

とは、辛いものが苦手な私のセリフ。基本的に私、タイ料理は大好きです。トムヤムクンも美味しいし、ヤムウンセンも美味しい。グリーンカレーも美味しいし、バジルチキンも美味しい。でも、タイ料理って、全部辛いんですもの。唯一翌日(のお尻)にダメージを残すことなく食べられるのは、パッタイとマッサマンカレーくらいです。そんな私にとって、ムーカタは、有り難い存在です。

ところでみなさま、ムーカタ(Moo-Ka Ta)という料理をご存知でしょうか?

これは、言うならば、

ハイブリッド焼肉です。

つまり、ムーカタとは焼肉と鍋(もしくはしゃぶしゃぶ)を掛け合わせたスタイルなのです。

今日はそんなハイブリッド焼肉ことムーカタを、シンガポールで供するレストランNew UDONに行ってきました。それではレストランレビュー、行ってみましょう。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

ゴールデンマイルについて

世界には、数知れずチャイナタウンが存在します。何故、中国人は異国の地に馴染まずに中国人社会を作るのか?それは中国人の民族性、または歴史的背景から来ているようですが、詳しいところは分かりません。シンガポールにはチャイナタウンはもちろんの事、アラブストリート、リトルインディア、そしてフィリピン人が集まるラッキープラザに、我ら日本人が集まるリャンコートと、色々な民族が(程度の差こそあれ)小さな町を形成しています。中学生の頃、アメリカは人種のサラダボールと習いましたが、今ではシンガポールの方がよっぽどサラダボールです。

そんな中でタイ人が集まるのがゴールデンマイルコンプレックス。ガイドブックにはおそらく大々的に乗るような場所ではありませんが、シンガポールの文化を構成する重要な場所である事は間違いありません。2泊3日のシンガポール旅行でゴールデンマイルに行けとは言いませんが、せっかく長く滞在しているなら、行って損する場所ではありません。

今日紹介するNew UDONはそんなタイ人の集まる場所、ゴールデンマイルコンプレックスにあるのです。

お店について

今回は3人での来店です。予約なしで行ったのですが、すんなりと入れました。もともと隣のNanaを予約していったのですが、なんだかあまりお客さんが入っていない様子。それに比べて隣のNew UDONは物凄く活気があって、「この状況はこっちに入るべきでしょう。」と、予約しているにもかかわらず、隣のNew UDONに吸い込まれて行きました。(ちゃんと予約はキャンセルしました。隣の店から。)

時間的には週末の18時半でしたが、この時間でほぼ満席。もしいかれる方はちゃんと予約してからいった方がいいでしょう。電話番号は9000-0000です。超分かりやすい番号なので是非お電話を。笑

new-udon-moo-ka-ta_05

New UDON

住所: 5001 Beach Rd, Singapore 199588
電話:9000 0000

店内の様子はと言うと、結構広いです。

new-udon-moo-ka-ta_07

というか、かなり広いです。タイ人と言うよりもシンガポリアンが多かったのですが、それこそが品質の証明でしょう。タイ人のみならずローカルにもウケているムーカタ屋さんなのです。

繁盛していたので、逆側からもパシャリと撮っておきました。

new-udon-moo-ka-ta_08

お料理について

さて、お料理についてです。

メニューは一応アラカルトで頼むことが出来るのですが、お店に入ったら、「はい、それそれ。」みたいな感じで決まりました。3人分で30ドルちょっと位のコースですが、これだけでかなりの量があります。

お肉とシーフードはこんな感じです。ブタに、レバーに、イカに、エビに、練り物系と色々あります。

new-udon-moo-ka-ta_01

テーブルにはハイブリッド焼肉ことムーカタ鍋を鎮座させ、その真ん中に牛脂を載せます。この状態で牛脂が解けるのを待ちますが、これこそ、ムーカタでタイを感じる厳かな瞬間です。

心なしかムーカタ鍋がパゴダ(仏塔)に見えてきました。

new-udon-moo-ka-ta_02

火加減がいい感じになって来たら肉を投入していきます。

網ではなく鉄板なのですが、鉄板には溝が掘ってあり肉汁がこもる事はありません。言わばジンギスカン的な感じで焼くことが出来ます。

new-udon-moo-ka-ta_04

そして忘れてはいけません。これはムーカタ。ハイブリッド焼肉ですので鍋も同時にできてしまうのです。

鍋に入れる具材はこんな感じ。野菜に春雨に生卵。ん?生卵?えぇ。卵もいれますよー。

new-udon-moo-ka-ta_03

網が汚れたら、「網、交換してくださーい。」なんて言えないので、ずっと同じセットを使い続けます。焦げ付いた鉄板に焦げを重ねる。そうして肉は香ばしく焼きます。長く焼くと肉汁が垂れる。その肉汁が溝を伝って、鍋に吸い込まれていく。その肉汁が外周の鍋の味をまろやかな味にしていく。

ゆっくりとムーカタを囲みながら、この一連の作業を繰り返していきます。これを囲みながらビールを飲む。最高な時間ですね。

new-udon-moo-ka-ta_06

ゴールデンマイルでのムーカタ体験はこんな感じでした。ハイブリッド焼肉でビールが進んで、そのおかげで会話も弾んで、そしてなんとお財布にも優しいという、3拍子揃ったムーカタ屋さんNew UDONなのですが、レペゼンタイのくせに、ビールはシンハーもチャーンもないという体たらくっぷり。いつものタイガービールを頂きましたが、タイを感じるビールがあったら完璧でした。それ以外は、言う事なしのレストランでした。

ムーカタ未体験のみなさま、是非とも一度お試しあれ。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です