salt tapas & bar by luke mangan コロニアル建築に囲まれながらハッピーアワーを満喫する休日

今日紹介するレストランはsalt tapas & bar by luke manganという名前のシティーホール近くのレストラン。昼過ぎの雰囲気がとても良いレストランです。

以前このブログを作る前に訪れた事があり、なんとなく覚えていました。で、なんとなく休日に来たくなって、なんとなく来てしまいました。といっても以前訪れたのは数年前。その時はシンガポールに来て日数が浅かったこともあって、脳内で評価が割増しされている可能性もあったのですが、行ってみたら、やはり良いレストランでした。

という事で、今回はsalt tapas & bar by luke manganの紹介です。

salt tapas & bar by luke mangan

住所 : 252 North Bridge Road, #01-22A Raffles City Shopping Centre, 179103

電話 : 6837 0995

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

立地について

まず立地についてですが、salt tapas & bar by luke mangan はMRTシティーホール駅直結のモール、Raffles City Shopping Centreの一角に入っています。

ですので、どこの駅でも良いのでMRTの中に入ってさえしまえば、ここまで濡れずにたどり着くことができます。なんとなくモール直結のレストランって雰囲気とか料理とかも大したことが無いイメージなのですが、このレストランは一味違います。モールの中に入っているのに、モールの中に入ってないっぽいレストランです。

雰囲気について

店内はこんな感じです。名前の通り、Bar的な雰囲気です。気取っていなくていい感じ。それに、常に窓が開け放たれているので、エアコンが効きすぎず、外の風と混ざって気温もいい感じです。これは結構ポイント高いです。さっそく長居できる条件クリアです。

店員さんの接客も良く、ペンでメニューにおススメを書いてくれたりして、丁寧な接客です。

ハッピーアワー!!

私たちはお昼時に立ち寄ったので、ちょうどハッピーアワーの時間帯でした。

ハッピーアワーのいいところは、お酒が安い事よりも、「お昼からお酒を飲んでも良いと言う大義名分が与えられること」。これは頼むしかありません。私はビールを頂き、妻はワインを頂きました。

ビールはベネディクティナ―のヴァイツェン。ドイツビールです。とてもフルーティーで美味しかったです。これはパイントで11ドル。

ハウスワインはメルローをチョイス。ちゃんとデキャンタで一杯分だけ持ってきて、最初にテイスティングを求められました。もうデキャンタの状態なんだから最初に味を見てから来いよという気もしますが、まぁ悪い気はしませんでした。グラスで10ドルでした。

お料理について

今回はスターターを3つにメインを1つ頼んで2人でシェアしました。

まずはハウスサラダ。ドレッシングのお酢が程よく、いい感じ。その後、家で再現しようとしましたが無理でした。。。丁寧なサラダで美味しかったです。

House Salad SGD12.00

お次はホタテ。イクラとトビッコが乗っていて、イカ墨のチップスと一緒に頂きます。これもなかなか行けます。店内を風が良い感じに吹きぬけていて、ゆっくりとお酒がすすみます。

Scallop SGD19.00

ここで、メインの和牛です。焼き加減はミディアムレアで。付け合せの野菜のグリルも生野菜のドレッシングと違って、チーズが多めで、ビーフにあうドレッシングでした。お皿もそれぞれ個性のあるものを使っていて、見た目にも楽しめて、お酒がますます進みます。

Wagyu Flank SGD39.00

最後にトリュフウェッジです。これは、ここまでの料理が少し物足りなく、最後に追加しました。お酒も一緒に追加しようと少し心が揺れましたが、本格的に飲みだしたらこのレストランで夕飯時を迎えてしまいそうな気がして、それは自粛いたしました。

Chips SGD12.00

スイーツタイム

お酒は自粛してもスイーツだけは別腹です。最後にコーヒーとシャーベットを頂きました。

Cafe latte SGD6.5

カプチーノ

Scoop IC/Sorbet SGD6.00

最後に・奥様方に朗報

これは強調したくないのですが、最後にランチの情報を載せておきます。

平日限定でなんかやってるんですって。

どうせサラリーマンの私は行けないので、(悔しいですが)写真だけ載っけておきます。写真撮ってくるのもためらいましたが、世のため人のためだと自分に言い聞かせ、写真を撮ってきました。参考にして下さい。

ホームページではもっと詳細なメニューを見ることが出来るので、そちらもどうぞ。

最後は駐妻に対する嫉妬心が垣間見えて(むき出し?)しまいましたが、こんな感じで良い週末でした。ここは、少なくともこの日は、混んでいなかったので、週末にハッピーアワーのお酒を頼みながら一人で本を読むのもよさそうです。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です