チョンバルマーケット(Tiong Bahru Market)の歩き方 完全版

*20th Feb 2017 から 19th May 2017まで休業中との事です。

そもそもシンガポール人はあまり自炊をしないので、自炊が基本の日本人がシンガポールに引っ越してくると、結構困ることがあります。それは、食材が高いこと。そして、高い割に新鮮ではないのです。シンガポールにはホーカーセンターという、レストランと屋台の中間のような食事をする場所が多くあり、シンガポール人はここで食事を済ませることが多いのです。

ですが、このホーカーセンターでばかり食事をしていると、健康面が気になってきます。というのも、中華系かマレー系の食事が多いシンガポールでは、なんでもかんでも脂っぽいんですね。そこで日本人はやっぱり食材が高くても自炊に限るね。となるのです。

シンガポール在住の日本人の多くが利用しているスーパーにMeidi-ya(明治屋)があります。ここでは、海外にいながら手作りの豆腐屋、各種ブランドの納豆、さらには生で食べられる卵までが売っているのです!!我が家もたまには生卵納豆ご飯が食べたくなり、明治屋に行くことがあります。(実際、卵6個入りで600円近く、納豆も3パックで300円くらいなので、生卵納豆は200円かかり、ここでは高級なのです。)そんな明治屋ですが、日本から空輸されてくる野菜はべらぼうに高く、とても毎日の食卓に並ぶような価格ではありません。その割にあまり新鮮ではない時があるのです。

そこで、ウェットマーケットという場所に行くとこになります。日本人ご用達の代表的なウェットマーケットには、チョンバルマーケットという所があります。

Tiong Bahru Market_entrance

Tiong Bahru Market

83 Seng Poh Rd, シンガポール 168898

今回はこのチョンバルマーケットについて紹介します。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

営業時間について

このチョンバルマーケット、週末はほぼ毎週やっておりますが旧正月などは休みになります。特別な日には行かない方が無難ですが、普通の土日はまず開いているので、いつ行っても大体オープンしています。平日はどうかな。ネットを調べると月曜日が休みという情報が散見されるので、月曜日は避けた方が良さそうですね。(公式な情報ではないし、月曜日に行ったこともないので、何とも言えませんが。)

時間帯に関して、我が家はいつも8時半頃に着くようにしています。というのも、人気のお店(特に鶏肉)は、9時過ぎると商品がなくなってくるのです。特に日本人大好きのモモ肉が売れ筋で、モモ肉を買うときは早起き必須です。手羽先やササミなどで良ければ割と遅い時間まで残っていますので、遅くに行ってもいいでしょう。ただし、遅くといっても10時か11時くらいまでが限度かなと思います。それより遅く行ったことはないですが、商品はかなり少なくなっているので、少なくとも10時までには買い物を済ませるぞという意気込みで行くべきです。

我が家の良く使うお肉屋さん

チョンバルマーケットではスーパーマーケットと違って、お肉の種類によってお店が異なります。我が家はいろいろ試した結果、今のところ下に挙げるお店が行きつけになっているので、初めていく方はメモしていくと参考になると思います。

鶏肉

シンガポールはチキンがうまいです。これは友人の何人かも同じ意見だったので、間違いのないことだとは思いますが、そんな中でも、行列の出来るチキン屋さんがここです。

Tiong Bahru Market_chicken

ここの売りはカンポンチキンを売っていることです。え?カンポンチキンを知らない?そもそもカンポンとはアルファベットで書くとKampungですが、これはマレー語で田舎や村、集落という意味で、そこで育ったチキン、つまり放し飼いで育てられたチキンといった意味ですね。普段みなさんが食べているのはブロイラーですので、ここのカンポンチキンは味が全く違います。(色もちょっと黄色がかっています)お店の説明によると写真のような感じ。低脂肪で皮が薄く骨が小さい、人工的にぶくぶく太ったチキンではなく自然の美味しさのチキンだそうです。

Tiong Bahru Market_chicken3

お肉を買うときは、ムネ、モモ、ササミなど部位の名前が英語で言えなくて困ることがありますが、ここのお店は日本人客が多いせいか、店員さんが日本語で部位を覚えてくれているので、心配ないです。

遅い時間に行くと、もう商品はほとんどないですが、予約しておけば取っておいてくれます。9時半頃のショーケースはこんな感じ。全滅状態ですね。右側の残っているのは予約分だと思われます。

Tiong Bahru Market_chicken2

カンポンチキンを扱っていると言っても、値段も良心的価格なので、おススメの鶏肉屋さんです。モモ肉を8枚も買ってSGD27でした。重さにもよりますので何とも言えませんが、そのくらいです。

あまり早く行けない方は予約していった方がいいでしょう。お兄さんに電話番号を聞くと教えてくれるので、そこにSMSを送るだけで予約が出来ます。また、パーティ用にホールでチキンを買うことも出来ますが、その場合も予約しておいた方が良いです。

豚肉

豚肉はあまり決めていないのですが、ここで買うことが多いかな。昭和風のおじさんが雰囲気出てます。

Tiong Bahru Market_pork0

豚肉のショーケースはこんな感じ。日本人大好きの豚バラ薄切りは通常売ってないです。薄切り肉が食べたかったらスーパーで買うしかないですね。もしくは自分でカットする機械を買うか。(包丁では無理です。)そのため、うちはスーパーで買ってます。豚肉屋さんで買うのは大半が挽肉ですね。それにたまに酢豚用など用途を限定して買ったりするくらいでしょうか。

Tiong Bahru Market_pork00

また、ここも良いです。ポップな絵が印象的なインドネシアの豚肉です。

Tiong Bahru Market_pork1

挽肉(ミンチ)が欲しかったのですが、ショーケースになかったので、出来るか聞いたら、ヒレ肉をその場で挽肉にしてくれました。これはちょっとポイント高いですよ、奥さん。挽肉にして時間が経つと酸化のため悪くなってしまうし、どんな肉が使われているか不安ですもんね。その場でヒレ肉を指定してミンチしてもらう安心感はプライスレスです。グラインダーも見えるので、安心です。400グラムでSGD6.0でした。

Tiong Bahru Market_pork3

牛肉

牛肉も2店舗使ってますね。まずはここ。オーストラリアとニュージーランドの牛肉です。

Tiong Bahru Market_beef11

ショーケースはこんな感じ。

Tiong Bahru Market_beef12

うちは良くテンダーロインかリブアイを150g~200g位ずつのスライスにしてもらっています。買ったことないけど、サーロインとかもあります。最初は重さの感覚が分からないと思うので、切ってほしい厚さを手で、この位としていすれば、その通りに切ってくれます。用途はもっぱらステーキです。ガーリックを大量に使って焼くステーキが大好きです。塩は岩塩、多めに振るのがいいですね。

そしてもう一店舗はここ。同じくオーストラリアとニュージーランドです。お店ごとに何が違うかよく分からないので、いつもショーケースを見比べて気分で決めてます。

Tiong Bahru Market_beef21

こちらのお店のショーケースはこんな感じです。こちらはテールを多く仕入れているイメージですね。良く知らないので、あくまでイメージです。もちろんテンダーロイン、リブアイ、サーロインなどの王道も取り揃えております。

Tiong Bahru Market_beef22

我が家の良く使う魚屋さん

お魚屋さんコーナーはこんな感じでお店がたくさん並んでいます。魚屋さんは水を垂れ流すので一か所に固まっています。もっと中まで見ていきましょうか。

Tiong Bahru Market_fish

魚はどこも新鮮(だと思う)なのですが、その中でも我が家がよく行くお店はここです。看板がないので、お兄さんたちのユニホームが看板なのでしょう。

Tiong Bahru Market_fish1

品ぞろえはこんな感じです。ここでは、サーモンをマストで買います。写真手前の大きさでSGD10です。これでは使い道がないので、いつも4つに切ってもらってから買っています。ほかにはサバもよく買います。頭と内臓を取ってもらって3枚におろしてもらって買っています。あとはイカもおいしかったです。

Tiong Bahru Market_fish2

そして、現行犯で捉えたのですが、このお客さん、手で魚触っていますよね。これ、普通なんです。結構みんな手で触ってひっくり返したりして、新鮮かどうか目利きしてます。それを買う側としては気持ちよくないので、なるべく洗って使うようにした方がいいですね。

海老

エビはいつも生きているものを売っているところで買います。

Tiong Bahru Market_prown1

通常、10cm程度の有頭海老(結構立派です)なら10匹で15ドルとかそんなもんですかね。結構安いと思います。ですが、価格で気を付けなければならないのはお祭りの前の期間です。チャイニーズニューイヤー1か月前とかになるとエビの値段は急に跳ね上がります。みんな大量に買って冷凍しておくそうなのですが、1か月前でも高くなってますね。お祝い前のあたりはエビの値段に気を付けましょう。

Tiong Bahru Market_prown2

余談ですが、生きているエビの背ワタ取るのは正直しんどいです。ビクンとエビが跳ねるたびに、こちらもビクンとしてしまいます。結構サイズもあるのでマジで迫力あります。活きている方が美味しいですが、背ワタを取るのは億劫です。。。

その他にもいろいろあります。こんな立派なロブスターや、

Tiong Bahru Market_prown3

和気あいあいとしているエビ屋さんもあります。

Tiong Bahru Market_prown4

どこで買ってもいいので、自分の目で見て、新鮮なものを選ぶようにしましょう。目利きというのは生きる上での一種のスキルだと思います。口コミに流されず、自分を信じて良いモノを選ぶようにしましょう。

その他、アサリとハマグリを扱う貝専門店や、鱧のような魚を扱うようなお店もあって、見てて楽しいです。いろいろ冒険してみてください。

我が家の良く使う野菜屋さん

もちろん野菜もあります。チョンバルマーケットの野菜屋さんはこんな感じで、野菜がぶら下がっています。まずは一般的にどんな流れで買うか紹介しますね。

Tiong Bahru Market_vegi

野菜屋さんには、かごが無造作に置いてあるので、そこに自分が欲しい野菜をポイポイ入れていきます。ぶら下がっているのも置いてあるのも勝手に取ってしまって構わないです。

Tiong Bahru Market_bascket

写真に写っているのはカンクン(空芯菜)ですね。夜のホーカーではサンバルカンクンがビールによく合いますが、生のカンクンを買って来て家でガーリックと塩で炒めるだけでも美味しいですよ。どれも大体根っこが付いていて(サラダでさえも!)スーパーで買うより新鮮な感じがします。

買い方としては、こんな感じでポイポイ入れていって、買い物が終わったら店員さんに渡すと、適当に見て、いくらと教えてくれます。重さが関係しているものは重さを測ったりするのですが、割と適当です。でもご安心を。いつもびっくりするくらい安いです。いつもMeidi-yaやCold strageで買い物している方はその安さに間違いなく驚きます。恐らく3分の1くらいなんじゃないかな。シンガポールって物価高すぎだよーって思う事は多々ありますが、それは場所に寄るのでうまく生きていかなければなりません。

ということで、店員さんが適当にいくらと言っても、納得してしまうくらい安いんですねー。

で、お店ですが、我が家が良く使う野菜屋さんは3店舗くらいので軽ーく紹介していきますね。まずはここ。家族経営なのか、みんな顔が似ているし、みんなガッツリタトゥーが入っているので分かりやすいと思います。

Tiong Bahru Market_vegi1

店員さんの人柄はここがピカイチですね。そんなに混んでいないですし、買い物しやすいです。それに店員さんも日本人大好きなので、いい気持で買い物が出来ます。野菜はまずここで買って、足りないものを他で買う感じですかね。

で、次に行くのはここですね。

Tiong Bahru Market_vegi3

ここは通路の反対側にも所狭しと野菜が並べられていて、種類が豊富なので重宝します。ハーブとか、鹿児島県産サラダゴボウなんかもある時があって、びっくりします。通路の反対側はこんな感じ。

Tiong Bahru Market_vegi4

そしてこんな野菜もあります。未来植物だー!!なんて楳図かずおの漂流教室的な感想を言いながら、歩いて見るだけで楽しいですねー。

Tiong Bahru Market_vegi5

そして最後はここ。

Tiong Bahru Market_vegi6

ここにはキノコ類が多いので、最後の砦に使っています。我が家の野菜探索事情はこんな感じですね。少し、晒しすぎでしょうか?まあ初めていかれる方は参考にしてください。

我が家の良く使うフルーツ屋さん

フルーツ屋さんはここで決まりですね。入口近くのところです。そんなに安くないですが、それでもたまに買います。台湾マンゴーの季節なんか必ずここで買いますね。あとは家でカクテル作るときのレモンやライム。大量に買って惜しみなく入れるのが好きです。

Tiong Bahru Market_fruit1

あとシンガポールで一番おススメフルーツは何気にスイカですね。甘くておいしいです。最初、スイカジュースを頼むと甘すぎてシロップを入れているんじゃないかと思っていたのですが、シンガポールに長く住むことで、シンガポールのスイカは全般的に甘いという事に気づくに至りました。一個買うと多いので、半分とかで十分です。

フルーツが並んでいる様子ってなんか美しい気がします。

Tiong Bahru Market_fruit2

我が家の良く使う花屋さん

チョンバルマーケットでは花も安いんです。日本で蘭は高いと思いますが、さすがシンガポールは北緯1度の南国だけあってすごく安いです。こんな感じで蘭にモンステラをつけても数百円で買えてしまうのです。これがシティエリアですと、3000円とかいってしまうので、不思議な話です。チョンバルマーケットに行った際には是非お花も買って帰りましょう。

Tiong Bahru Market_flower3

入口の左右にそれぞれお花屋さんがありますが、我が家は主に右で買います。ですが、どちらの方が良いということは特にないので、左側に良い花があったときは左側で買います。両方見てみて、好きな方で買ってみてください。

こちらが左側のお花屋さん。

Tiong Bahru Market_flower1

そして、こちらが右側のお花屋さんです。

Tiong Bahru Market_flower2

週末、一週間分の食材を買った後には、お花も買って帰ると、その週末が華やかになります。是非、チョンバルマーケットから週末を初めて、有意義に過ごしてみてください。

他にもこんなお店があります

我が家が使っているお店は以上ですが、参考までに他には何があるか紹介しておきますね。

練り物屋さんですね。醸豆腐(ヨントーフ)という料理があって、これらの練り物と豆腐、それに野菜類を茹でて、味噌に付けて食べるおでんのような料理です。これはその材料ですね。一度買ったことがありますが、美味しいですよー。

Tiong Bahru Market_etc1

次は干物ですね。ちょっとしょっぱいですが、美味しかったです。日本のモッチリしたご飯によく合います。

Tiong Bahru Market_etc2

あと、玉子なんかもあります。ちょっと抵抗あって、買ったことないですが。

Tiong Bahru Market_etc5

これは何なんでしょうかね?ミシンですね。私、お直しの際には、日本に持って行きますので、ここに用はなさそうです。

Tiong Bahru Market_etc4

最後は乾物屋さんですね。何に使うか想像もつかないですが、とにかく乾いたものを売っています。

Tiong Bahru Market_etc3

2階のホーカーも全然使える

買い物の後は腹ごしらえです。1階部分は今見てきた通りのマーケットになっていますが、エスカレーターを上って2階に上がっていくと、そこはホーカーセンターになっています。

Tiong Bahru Market_2nd floor

雰囲気はこんな感じ。清潔感は普通ですね。ホーカーセンターが嫌いな方は無理でしょうが、私たち夫婦は全然平気です。むしろ好きです。両親を連れてきたこともありますが、嫌ではなかったみたいです。HDBの下にあるようなホーカーより清潔感あります。

Tiong Bahru Market_food1

混んでいる店はすごく混みます。そして私が強調して言いたいのは、混んでいる店ほど美味しいというわけではない事です。

混んでいる理由は、美味しくてお客さんがひっきりなしに来るか、もしくは店員がトロいか、です。そこを見極める必要がありますね。ですので、混んでいるからあそこにしようではなく、自分の食べたいものを食べましょう。

Tiong Bahru Market_food2

私たちが頼んだのは、これ。ラクサにフィッシュボールのドライです。美味しかったです。

Tiong Bahru Market_food3

ナシレマとか、お粥とか、おすすめのお店も何店かあるのですが、そこまで挙げ始めると、終わらなくなってしまうので、今回はこの程度にしましょう。

さて、如何でしたでしょうか?

チョンバルマーケットの事を書こうと思い立ったのが昨年の11月ごろ、そこからコツコツ写真を貯めて、ようやくアップするに至ったわけですが、超大作になってしまいました。

結構時間をかけたので、せめて誰かのご参考になればうれしいのですが。。。

まぁ自己満足でも良いとしましょう。買い物って大好きです。それではよい週末を。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメント

  1. 小野 京子 より:

    楽しいシンガポール生活の情報を ありがとうございます❣️

    とっても助かります‼️

    昨年の夏に初孫が生まれ、共働き夫婦の娘の為にシンガポール生活を始めました。
    セラングーン ノース アベニュー3のHDBに住んで居ます。
    英語が出来ずに、好奇心と度胸とグーグル翻訳で頑張って居ます。
    おばあちゃんですが、楽しみにして居るファンの為にも、これからも色々と教えてくださいね‼️

    • Hugo より:

      小野京子さん、はじめまして。コメントどうもありがとうございます!!
      お孫さんがいらっしゃるんですね。シンガポール生活、さぞ満喫なさっていることでしょう。
      自分の経験したことを、何でもかんでも好き放題に載せてる変なブログですが、目についたモノを読んで頂けたら嬉しいです。
      また面白かったとか、つまらなかったとか、なんでもコメント残してもらえると嬉しいです。これからもよろしくお願いします。
      hugo

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です