[最先端]パソコンが600円?個人用パソコンの行き着く先はどこなのよ?

ラズベリーパイってご存知でしょうか?

甘いスイーツの方ではなく、堅いコンピュータ関連の方です。

最近は仕事の関係上、こいつを調べることが多いのですが、今日はこのラズベリーパイについて書きたいと思います。というのも、これは本来はモノづくりに関わる人だけが知っていればよいようなものですが、これを見ているうちに自宅で使う個人用パソコンの未来が透けて見えるような気がして、これは是非ともモノづくりに関わらない人にも紹介したい!と思い、今回みなさんに紹介する次第です。

今回は、分かりやすく説明することを最重要項目として説明していきたいと思いますので、いつも見てくれている方も、途中で見るのやめないでくださいね。

それでは、いってみましょう。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

だからラズベリーパイって何なのよ?

なかなか説明をしなかったのは、何ももったいぶっているからではなく、説明が難しいからです。まずは理解してもらうために見た目はどんなものかを見せると、下の写真にあるようなものです。

ねっ、説明が難しそうでしょう?

これは、イギリスに本拠地を置く非営利団体ラズベリーパイ財団 (Raspberry Pi Foundation)より販売されている電子基板です。何が出来るかというと、パソコンと同じような事が出来ます。

え?パソコンじゃなくて、ただのむき出し電子基板やん。

って思うかもしれませんが、これを箱に入れて、USBでマウスやキーボードをつないだり、HDMIで画面を繋げば、パソコンと同じような事ができるようになります。有償のWindowsではなく、無償のLinuxというOSを使う事や、ハードディスクがなくSDカードを記憶装置として使う事で、単純化、低価格化をしています。

一番ハイエンドのモデルでもUS35ドルなので、今までのパソコンと比べたら、あり得ない価格ですよね。

この、自分でいろいろ繋げたり設定しなければならない点を”手間”と取るか、”自由度”と取るかでこの電子基板の価値は変わってくるでしょう。今はまだ”手間”と取る人が多いと思いますが、ここはどんどん単純化して簡単になってくると思います。

ラズベリーパイゼロの衝撃

ラズベリーパイ自体は数年前から世の中にでており、モノづくりの世界では注目されていたのですが、今回ここにあげようと思った理由は、昨年末にUSD5.0(なんと約600円!!)という超低価格のRaspberry Pi Zeroが発表されたからなのです。600円って、、、と思ってしまいますが、これが戦略的価格でもなんでもなく、事実なんですよね。

これはCPUというコンピュータの脳みそのようなものが、ポツンと載っているだけの、単純な電子基板なのですが、機能自体は多く、知識があれば(半田でコネクタを足したり回路を足して)自分でどんどん拡張して行けるのです。

さすがに一般の人には敷居が高く、一部の電子工作好きの人からの需要が多いのみですが、今後、簡単に接続できる拡張キットが出たりして、このようなスタイルが確立されていけば、一般のユーザーが購入できる日も近いと思います。

繰り返しますが、600円ですよ!!!

スティックPCが流行っているらしい

実は似たようなコンセプトのものが各メーカーから既に発売されているんですね。その名も、スティックPCです。

これは、手のひらに収まる程度のスティック型のPCで、画面に挿しさえすれば画面がパソコンになるといった代物で、USBのコネクタを使ってマウスやキーボードを繋げば、パソコンになってしまうんですね。

分かりやすく(??)絵を書くと、こんな感じでスティックPCは使います。

Stick PC

(絵が下手過ぎという突っ込みは無視して、話を続けると)1万円から3万円位が実勢価格のようですが、難しことを考えずに使えるので、これは安いかもしれません。大手の Mouseでは2万円程度ですね。


ラズベリーパイは電子基板むき出しの、もろ電子工作用といった感じですが、スティックPCの場合はパソコンが使える人なら、同じようにそのまんま使えます、といった感じでしょうか。その価格差は1万円近く有りますが、個々の値段差はすぐにでも無くなるでしょう。そうすると、本当にパソコンが数百円で買えてしまう日が来年、再来年には来てもおかしくないのです。さらに、ハードウェアに詳しい人であれば、それをどんどん拡張していくことが出来る。(例えばベランダとか玄関とかに置いておいて、その電子基板が何かのセンサーを検知して、何かをONさせたりとか。)想像出来ることは、どんどん広がっていきます。時代に置いて行かれないためにも、理系の人も文系の人も関係なく、最新のトレンドはチェックしておくべきだと思います。

さて、如何でしたでしょうか?今回は少し、難しい話をしましたが、長々と書かずになるべく簡単に書いたつもりです。初めて理系の話を書いたので、どの程度分かってもらえるか探る感じで書きましたが、反響があったら、この手の技術情報もアップしていきたいと思います。

そして、明日からはまたレストランレビューに戻ります。笑

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください