大人のスーツケース選びの条件 選択肢はRIMOWAだけじゃない

子供の頃、ステッカーがベタベタに貼ってあるスーツケースに憧れました。RIMOWAの路面店にディスプレイされているような使い古された感じ、旅に慣れている感じがとてもかっこよく見えたものです。自分でも海外旅行に行くようになると、旅行先で買ったサーフショップのステッカーなどをベタベタ貼って、雰囲気を出しました。ちょっと汚れた感じがカッコイイなと思って、わざとラフに扱ったこともありました。

ですが結局、スーツケースは毎回のフライトでダメージを受けるものですので、自分がいくら大切に使っても一生ものにはなり得ません。いい味になってきたところで買い替えなければならないのです。それに長持ちしそうな重厚なものよりも、軽くて移動しやすいものの方が移動には便利です。海外旅行をいろいろ繰り返し、スーツケースを買い替えるうちに、なんとなくどんなものがいいか感覚で分かってきました。

今回はスーツケースの選び方について自分の思っていることを書きます。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

スーツケース選びの基準

まずは、スーツケースに求めるものは何か考えたいと思います。

断然軽さ重視

スーツケースには軽いものと重いものがありますが、間違いなく軽いものが良いです。重いものも、頑丈な感じがして一見良さそうに見えますが、これは全然良くありません。

飛行機の預け入れ荷物は重さの制限があり、それをオーバーしてしまうと(比較的)高額な超過料金を支払わなければならないか、もしくは、チェックインカウンターでスーツケースを広げて手荷物に移し替えたり、不必要な服を着こんだりといった恥ずかしい作業をせざるを得なくなります。大人としてこれはちょっとカッコ悪いですよね。

アンティーク風の洒落た感じのスーツケースも世の中にはあり、確かにカッコイイのですが、大体こういうものは重いです。革なんか使ってあるとかなり重いです。カッコイイスーツケースを台無しにしないためにも、アンティーク風の見た目重視のものを旅行に持って行く事は避けましょう。その手のものは旅行ではなくインテリア用だと割り切るのが良いと思います。

頑丈さ

いくら軽くてもスーツケースを使い捨てという訳にはいけません。それに旅先でのトラブルは(時間の有効活用、深刻なトラブル回避の両方の意味で)出来る限り避けたいもの。そこで、ある程度は頑丈さも必要になってきます。

そこでポイントとなるのが、スーツケースの素材ですね。軽くて頑丈なカーボンのものが良いかと思います。カーボンは柔らかいため凹んだり壊れやすいんじゃないかと思いますが、結構壊れないです。私が使っているサムソナイトのコスモライトはケース自体が柔らかくて、最初は大丈夫?と思うのですが、使いこむとだいぶ使いやすいことに気づきます。(経年変化はもちろん劣化のみなので、エイジングして使いやすくなるなんて事はありません。)

数年前の円高の時に買ったので随分とお得に買えたのですが、このモデルが気に入ってしまい、結局円安の昨年に妻のものも色違いのコスモライトにして新調しました。

開け閉めの方法は軽いチャック式がいいと思います。開け閉めの部分がロック式で重厚になっているものがありますが、その部分はまず壊れません。雨が気になる方もいると思いますが、チャック式でもまず大丈夫です。そこは軽さを最重視しましょう。

繰り返します。一番大事なのはボディの素材。その他はなるべくシンプルに軽いものを選びましょう。

※ある程度頑丈なものを選んだとしても、海外の航空会社はかなり雑な仕事をする場合があり、スーツケースの角がかけていたり、コロコロが取れてしまうことがあります。そんな時は空港に専用のカウンターがありますので、そこで証明書を発行してもらえます。海外での不要なトラブルを避けるためにも、帰国便の時に申請しましょう。それを保険会社に提出すれば、修理代や、買い替え時の一部負担など補償が受けられます。

コロコロ(キャスター)の部分

素材の次に大事なのはコロコロの部分です。なぜなら、ここが一番壊れやすいからです。

想像してください。スーツケースには約30キロ(10キロのお米3袋分!!)もの荷物が入り、海外の空港職員はそれを投げたりする訳です。コロコロの部分が最初に着地した場合、一つのコロコロが全ての重さを支える訳ですから、壊れても文句は言えません。完全に捥げてしまわないにしても、スーツケースを運ぶたびにキーキー音が鳴り始めたりする事があります。

一生ものを選ぶのは不可能にしろ、なるべく長持ちするように、なるべくコロコロが頑丈なものを選びましょう。

ちなみにRIMOWAのスーツケースはコロコロが大きくて、可愛いのに頑丈な印象ですが、あれが結構壊れやすいらしいです。(実際に自分自身で使ったことがないので、聞いた情報による)それに対し、日本製のスーツケースはコロコロが小さく小回りが効くのが魅力的ではあります。

スーツケースは消耗品です。

モノを大切にすることは当然重要で、スーツケースも例外ではないのですが、スーツケースは一生モノではない、消耗品です。これは仕方がないことです。
RIMOWAのスーツケースなど、数十万円するスーツケースも例外でなく、消耗品なのです。路面店には、何年も使いこんだカッコイイスーツケースがディスプレイされていますが、それも数年で寿命になります。

私たち家族は旅行が大好きなのでいいですが、中には海外旅行に行くのは5年に1度位という家族もあるはずです。そんな家族がスーツケースを買うのはかなり勿体ないと思います。そんな時にはレンタルもあるので、レンタルしましょう。



今はまだ、スーツケースのレンタルは一般的ではないですが、レンタカーと同じ感覚でスーツケースのレンタルも一般的になってくる事は間違いないと思っています。

旅行に行く目的を考えたら、スーツケースに数万円使うよりも、その分だけ経験にお金を使った方が良いです。ですので、頻繁に旅行に行かない方は、迷わずレンタルしましょう。



コスモライトの魅力と欠点

最後に、私が愛用するコスモライトの魅力を挙げておきますね。

上の”頑丈さ”のところにも挙げましたが、その最大の魅力は軽くて頑丈なところにあります。スーツケースの重視するところは軽さと頑丈さですから、この2つに関しては文句ありません。そしてそれこそが、我が家がこのスーツケースを2つも持っている理由でもあります。

ですが、不満も2つほどあります。

一つ目の不満は値段です。円高の時はまだよかったです。ですが昨年、円安になってから買ったときには、「こんなにするの?」っていう位の価格でした。(今はまたちょっと下がっています)スーツケース自体のパフォーマンスには大満足しておりますが、それがコストパフォーマンスが良いかと言ったらそれは分かりません。特にうちみたいな薄給ではちょっと高い感じが否めません。

そして二つ目の不満は、使っている人が多いという事です。通常はベルトを巻いて区別しますが、ありふれたスーツケースに、ありふれたベルトですと、間違えられるのが怖いです。事実、私も似ているスーツケースを手に取りそうになったことがありました。そのため、うちは取ってのところにハンカチを巻いて区別しています。ハンカチなら(少なくともスーツケース用ベルトよりは)種類も豊富にあり、被る可能性が少ないですからね。(真似してもいいですよ。笑)

さて、如何でしたでしょうか?

今回はスーツケースの事について書いてみました。私は海外旅行が大好きでして、スーツケースに関する事もいろいろ経験しているので、これから旅行に行かれる方たちの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Hugonoblog レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です